iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

あなたのiPhone6SはTSMC製?サムスン製? 重大な性能差が存在!

投稿日:2015年10月9日 更新日:

iPhone6Sは内部に搭載されているプロセッサA9がTSMC製かサムスン製かで、重大な性能差があるのをご存じだろうか? これ結構話題になっているので必見です。

IMG_1971.JPG

2つのメーカーのチップが存在

iPhone6S/6Splusの心臓部には、2種類のメーカーのA9プロセッサが使われています。台湾のTSMC社と韓国のサムスン電子社製です。同じiPhoneに搭載されていながら、製造技術が異なりサムスンの方が最新技術を使い、TSMCは16nmプロセスで製造とサムスンが14nmプロセス製造してます。またこれによりチップのサイズもTSMCの方がやや大きくなっていますA9チップサイズの違い

重大な性能差が存在

同じiPhone6Sという製品なのに、この2つのA9チップにより重大な性能差が生じています。それはバッテリー駆動時間です。モバイルユーザにとって、処理速度と同じくらいに重要なバッテリーの駆動時間。どのくらいバッテリーが持つかですが、GeekBenchというテストによるとTSMC製の方が2時間近くもバッテリー駆動時間が長かったと報告されています(テスト機はiPhone6Splus)。どのようなテスト内容なのかわからないので、分母がいくつなのかわかりませんが、カタログから類推すると連続負荷状態としてもせいぜい10時間くらいのものではないでしょうか?かなり大きいです。

Geekbenchのバッテリーライフ測定テストの結果。左がTSMC製チップ、右がサムスン製チップ搭載モデル

Geekbenchのバッテリーライフ測定テストの結果。左がTSMC製チップ、右がサムスン製チップ搭載モデル

別のテストベンチアプリでも同様な結果が!

iPhoneの性能を計測するテストベンチアプリにAuTuTuというものがあります。このAuTuTuテストベンチでは、JavaScriptと使って動画再生をおこなった場合のバッテリーの残りを計測していますが、TSMCが66565、サムスンが65695で、TSMCの方が多く残っています。上記のGeekBenchのテスト結果に比べるとほんのわずかですが、やはりTSMCの方がバッテリ駆動時間は長いという結果です。

AnTuTuベンチマークテスト

AnTuTuベンチマークテスト終了後のバッテリー残量に注目。TSMC製チップ(左)の方が、バッテリー残量が多い

iPhone6SはTSMCを購入したいところだが…

こうなるとどうせ買うならTSMC製iPhone6Sを購入したいところですが、車を買うのと同じで当たりはずれがあると思うしかありません。日本の場合、このTSMC製とサムスン製のモデル別シェアは、iPhone6Sがほぼ同数、iPhone6Splusの場合はTSMC製が74.07%とiPhone6Splusの方が断然多くなっています。やっぱりiPhone6Splusを買う!?

モデル別シェア(日本)

さて、あなたのiPhone6Sはどっち?

スポンサーリンク

公開日:2015/10/09 カテゴリ:iphoneニュース

スポンサーリンク

Loading
iOS11へアップデート後不具合多発! ちょっと酷くない?
OSのアップデート後の不具合は往々にして起こりえることですが、iOS11はこれまでに比べるとちょっと酷いかもし...
10月23日よりiPhoneのSuicaカードも「EX予約専用ICカード」として利用可能になります - JR東海
最近、エクスプレス予約は往復割引商品や早特商品などを発売して内容を充実させてきていますが、まもなくiPhone...
iPhone8発表イベント開催日時決定! イベント詳細情報について。
OLED搭載のiPhone8の発表イベントの開催日時が決定。開催にあたりアップルはプレス関係者に招待状を発送。...
iPhone7の新色PRODUCT RED発売
iPhone7に色鮮やかな深紅のPRODUCT REDを追加、3月25日より発売されます。3月21日、アップル...
iPhone8は5.8インチ実現に一歩前進? 5.8インチはどのくらいかサイズ比較した
iPhone8の液晶サイズは5.8インチ。そのサイズ感を図解して調べてみた。 iPhone7/7PluとiPh...