iPhone6のA7チップに特許侵害、アップルに1000億円もの賠償金が課せられる?

アップルに特許侵害! 10月13日米特許庁の判決によりアップルに1000億円もの賠償金が課せられる判決が下されした。

apple_news

当判決は、昨年1月ウィスコンシン大学の特許管理団体WARFが、iphone6のA7チップが特許侵害しているとアップルを提訴していたもので、裁判所はWARFの訴えを認めアップルの敗訴が確定的となりました。特許侵害とされたのは、同大学が開発した「スマートフォン用プロセッサーの効率を向上する技術の特許」。

この判決で、アップルに課せられる賠償額は最高で8億2000万ドルに達し。日本円に換算すると約1030億円にものぼる金額です。

今後アップルは示談に持ち込むことも考えられますが、WARFは先月再び現行のiPhone6S/iPhone6S plusのA9チップの対しても特許侵害を訴えています。世界のアップルといえその打撃は大きいものとなりそうです。

 

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました