iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

アップル、来年は初の売上げ減少!?

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhone登場以来うなぎ上りだったアップルの業績にかげりが見えてきた? 来年iPhoneの売上げは5.7%ダウンの2億1800万台と予測。

iphone売上げ推移~2015年

業績ウナギのぼりのアップルだが、来年は初の業績ダウン?

2007年にiPhoneが発売されて以来、iPhone5迄の5年間は2倍近く売上げを伸ばし以降も20%~30%以上の売上げアップ。まさにアップル天下だ。アップルはこの業績を背景に昨年のiPhone6当たりから値上げし、5~6万円で推移していた機種代金もiPhone6Sでは16GBが8万6,800円(Apple Store)にもなる。少々気になっていましたが、来年の市場を予測するアナリスト達もさすがに来年は、初の業績下降と予測し出した。

モルガンスタンレーは5.7%ダウンと予測

ニューヨークに本拠を置く金融期間モルガンスタンレーのアナリストKaty Huberty氏は、「2015年は2億3,100万台を売上げ予定のiphoneだが、来年は2億1,800万台とアップル初の業績低下する」と衝撃的な予測をしています。同氏はその原因として、iPhone価格の高さと新興市場にもひととおり行き渡っていることを挙げています。中国にも昨年進出を果たし、インドやインドネシアなどの東南アジア地区でも既に販売されています。

Apple Watchの売上げは順調だが…

今年発売されたApple Watchは来年の3月までの1年間で2100万台の売上げ予定で、これも今後アップルを支える柱となってくるだろうが、既にWatch市場の8割を占めておりiphoneに比べるとサブ的な役割のデバイスなので今後、今の水準を維持したとしてもアップルの屋台骨をささえる商品ではない。こうした背景をアップルは既に経営に折り込み済みなのだろうか、アップルの自動車分野への進出や医療関係の進出が次の展開となっているようだ。

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る