iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

ドコモ、全国の実効速度計測値を公表

投稿日:

ドコモからスマートフォンの通信速度の統一基準による計測値が発表となりました。iPhoneの場合、下りの通信速度値は49Mbps~89Mbpsという結果に、これ信じてもいいですか?

tuushinsokudo

これからは統一基準による測定へ

これまでは、キャリアが勝手にスマートフォンの通信速度の理論上の上限値を、さも実際にその速度がでるような誇大宣伝広告をしていた。ドコモの300Mbpsとかauの225Mbpsという数字がそれで、カタログに載っているベストエフォートというワードがその理論上の上限値を示している。また、測定方法もキャリアまちまちで比較するのも難しかった。

今年7月総務省はガイドラインを作成し、測定方法の統一とカタログへの記載方法を決め、キャリアに対し今年中に実施するように求めていた。測定は、全国10都市から500m四方の300メッシュx5地点の計1500地点の測定をし、上下4分の1を切り捨てた中央の測定値をxxMbps~xxMbpsという幅の持った値でカタログに記載するというもの。

参考:総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる – 全国調査

さっそく、ドコモがこのガイドラインに基づいた計測結果をホームページに発表しました。

スマートフォン 通信速度(下り) 通信速度(上り)
iOS 49Mbps~89Mbps 14Mbps~30Mbps
Android 53Mbps~91Mbps 13Mbps~28Mbps
※ドコモの計測サイトはこちら

225Mbpsとか300Mbpsとか言っていたのに、実際はこんなもんです。それでもこれらの数字は、家庭用の光固定回線が100Mbpsの時代(現在は1Gbpsが主流)の頃とくらべてそん色のない数字になっています。

とりあえず、ドコモが先陣を切って発表をしましたが、残るKDDI(au)やソフトバンクも今年中に発表する予定です。

本当に実感できる数字か疑問

ドコモによるとこの通信速度は混雑時に計測したもので、最低このくらいは出るという通信速度です。ユーザの皆さんはこの数字を実感できているのでしょうか? これまでいろんなところから実測データが出ています。例えば

ざっと見て、これらの実測データではドコモはだいだい10Mbps~20Mbps程度で、今回発表された下りの通信速度の下限49Mbpsでさえクリアできていない。

総務省のガイドラインが発表されたとき、そもそも測定についてはAccuvar株式会社という会社が実効速度計測運用業務を受託し、第三者機関として関わるものと思っていましたが、これはまるでドコモ内部で測定したような内容で、ドコモだけが発表となっている点もおかしいような気がします。

また、今回も総務省はキャリアに出し抜かれたのでしょうか?

とりあえず、KDDIやソフトバンクの発表を待ちたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

Loading
ドコモ、驚かずにはいられない682Mbps通信サービス開始
さすがはドコモです。3月9日より国内最速となる682Mbps通信サービスを開始します。いつの間にこんなにスピー...
新幹線全駅で通信速度を調査 ー iPhone6S、2015年版
本日の話題は全国の新幹線全駅による通信速度調査。auが他のキャリアを抑えてトップに!ビジネスマンとして活躍して...
今度こそ料金値下げなるか? NTT鵜浦博夫社長「前向きに検討」
先日安倍首相が、携帯料金が家計を圧迫していると料金値下げを指示。本日の日経新聞が、NTT鵜浦博夫とのインタビュ...
総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる - 全国調査
「どこのキャリアが速い?」と長年消費者を悩ませてきた問題が解決しそうです。iPhone等を購入する場合キャリア...
どこのキャリアが一番早い? - iPhone6S編
今年も最新のiPhone6Sが発売となり、どこのキャリアが一番早いのか気になりませんか?山手線駅構内のスピード...