iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iOS9アップデート時にエラー53が発生、以降使用不能!

投稿日:2016年2月8日 更新日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

今、「iPhoneをiOS9アップデート。エラー53が発生し以降使用不能」になるという話題が沸騰中です。

iPhone6 Touch ID

「エラー53」というのは、iOS9のアップデート時にお使いのiPhoneが正規品であるかどうかをチェックした場合に、非正規品である判断した場合に発生するエラーです。

いろいろと回復方法を探してみましたが、一度このエラーが発生するとアップルストアでも回復不能で、保証対象外としてiPhone自体の交換(269ドル〜329ドル)するしかないようです。

とりあえず、なぜこのような現象が発生するのか探ってみたところ、過去に、修理代を安く済ませるために非正規店でホームボタンのTouch IDを交換した経験がある場合に発生するとの事です。

セキュリティーのために部品交換したかどうかを厳重にチェック

Touch IDで登録された指紋などのセキュリティーデータは、一切外部には送信されず、iPhoneの内部に厳重に保存されており、アップルでさえもこのデータにアクセスすることができないようになっています。このセキュリティーデータ、登録に際し使用されたTouch IDとペアでアクセスできるようになっており、もしTouch IDが交換された場合にもアクセスできないようになっています。もし交換されたTouch IDでアクセスできると指紋の再登録が可能でセキュリティー上問題が発生します(この仕組みはSecure Enclaveといいます)。アップルストア等の正規ショップでは、修理の際に再度ペアリングを再設定するので問題は発生しませんが、非正規ショップの場合はこのペリングの再設定ができないので、iOS9へのアップデート時にエラーが発生する仕組みです。なぜiOS9で発生するかというとこのSecure EnclaveがiOS9で強化されたことによります。

エラー53を避けるには唯一iOS9にアップデートしないこと

この現象は、Phone6とiPhone6 Plusで確認されていますが、Touch IDが搭載されたiPhone5Sでも発生する可能性があります。もしホームボタンを修理した経験がある場合でまだiOS8の場合は、iOS9にアップデートしないのがなによりの回避策になります。

まちがっても試しついでに安易な気持ちでiOS9にアップデートしてはいけません。二度とつかえなくなってしまいますよ!

(via TechCrunch日本語)

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>iphoneニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る