iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

テスラの進化、Apple Watchで自動車庫入れ車庫出しする動画

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

日本でも自動運転が認可となったのはご存じだろうか? テスラモーターズの「Model S」が第一号車となりました。このテスラの自動車庫入れ車庫出しの様子が動画で公開されています。

テスラモーターズ「Model S」外観

日本でも自動運転を許可

今年1月15日、テスラ車のソフトウェアがV7.0となり国内でもAutoPilotが提供となり自動運転が可能になりました。このテスラ車の自動運転には「オートステア」「オートレーンチェンジ」「オートパーク」の3つが備わっていますが、このオートパークつまり自動駐車の機能をリモコンで操作できるようにしたのがSummonという機能。このSummon機能をつかってApple Watchから自動車庫入れ車庫出しする様子が今回紹介する動画です。

人が出入りできないような狭い場所からでもOK

動画をご覧いただけるとわかるように、Summonを使えば人が出入りできない狭い場所からも車庫出しができます。操作は社外からApple Watchで操作ができますので、回りを見ながら安全に車庫出しする様子が見られると思います。動画に使われている「Tesla Model S P85D」は、「P」はパフォーマンス、「85」はバッテリー容量(kWh)を、そして「D」はデュアルモーター(AWD)を表す電気自動車です。国内販売価格は1270万円。
この動画を見てると自動車庫入れ車庫出しはAutoPilot機能の一部で、1270万円は決して高くはないかも知れません。

もうひとつ車外から操作するRemote Sの動画も

Remote Sも車外からテスラ車の操作管理ができるアプリで、動画ではApple Watch
からドアのロック/アンロックをはじめ、サンルーフの開け閉め、給電口の開閉、充電量の確認、エアコンの調整、エンジン始動などの操作ができることが確認できます。こちらもゆっくりご覧になってください。

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る