iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

1970年1月1日問題で文鎮化したiPhoneの復旧は物凄く簡単技で復旧した!

投稿日:

以前に紹介した「1970年1月1日問題」でiPhone5Sが文鎮化してしまったら、アップルストアでさえ直せないとされて新品交換の定めとなったiPhoneが復旧したとの事。答えを知ったらあまりにも簡単で唖然としてしまった。


問題の記事は以下

「1970年1月1日問題」でアップルストアで新品交換をすすめられた人は最低1人はいる訳で、もしアップルストアの勧めで新品交換したとしたら、今頃この記事を読んで泣いているに違いない。保証対象外の新品交換は3万~4万円近く発生するのだから。

答えは簡単。ただ単に放置するだけ。

放置し続けてバッテリーが完全放電すると、なぜか再起動するようになり復旧したということだ。完全放電したおかげで1970年1月1日の設定が元にもどったのかと思えばそうでもないらしく、再起動後も日付は1970年1月1日ということだった。

記事元によると、この件についてアップルからコメントが得られておらず偶然かもしれません。絶対にマネをしないでください。

スポンサーリンク

Posted By:管理人 カテゴリ:iphoneニュース

スポンサーリンク

Loading
フィルタを追加»iPhone 8iPhone X予約予約受付
スペック&価格リンク
【iOS11】よくわからない「運転中の通知の停止」の動作と設定方法
iOS11を搭載したiPhoneは運転を自動的に検知し、通知を停止してくれる機能が付いた。よくわからないので調...
iPhoneの盗難・紛失に対応するドコモ「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」のすすめ
ケータイにも保険時代到来。ドコモ「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入だ!...
Face IDが誤認識! それは間違った学習をさせてしまったかも?
iPhoneXに搭載されているFace IDの誤認識率は、100万分の1。なぜかFace IDが誤認識する。そ...
気になるiPhoneX在庫の調べ方 - AppleStore編
iPhoneXの発送予定が一時期の5~6週間が現在3~4週間に縮まってきました。とはいえ、すぐにでもほしいとユ...
ドコモ丸の内、まさかのiPhoneX当日販売なしの悲惨な状況!
まさかまさかのiPhoneX当日販売がなかったのは、ドコモショップの旗艦店「丸の内」。ドコモショップ「丸の内」...