iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

新型iPhone SEはどのくらい早い? - ベンチマークテスト結果

投稿日:2016年3月23日 更新日:

新型iPhone SEはどのくらい早い? 新機種が発売になると恒例のベンチマークテストにかけられます。iPhone SEもTechCrunchさんがやってくれました。


iPhone SEは現行機種のiPhone6Sと同じ性能を持ってます。はたしてそうなのでしょうか?
TechCrunchのMatthew Panzarino氏は、さっそくGeekBenchというベンチマークで検証した結果をTwitter上で掲載しています。掲載した情報はブログの最後をご覧ください。 

動作周波数1.85GHz、RAM容量は2GB

まず明らかになったのは、プロセッサはA9、動作周波数1.85GHz、RAM容量は2GBであること。これはiPhone6Sと同じであり、既存の報道は間違いありませんでした。

シングルコア2538、マルチコア4421

GeekBenchの検証では、シングルコア2538でこれはiPhone6Sと同スコアですが、マルチコア4421はiPhone6Sより若干遅くiPhone6S Plusと同等となりました。これらは以前AppBankさんがテストしており以下を参照してください。

実測はiPhone6Sよりも500もスコアが低く出てしまいました。CPUも動作速度も同じであれば結果も同じはずなんですが…ベンチマークはそもそもテスト環境や個体差に左右されずにいつでも同じ結果がでるようになっているはずなんですが、たまたまテストしてiPhone SEが500低いかったのかどうか不明です。今後の同様のテストを待ちたいと思います。

geekbench シングルコアgeekbench マルチコア

 

-未分類
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iWatchの充電に非接触型やソーラーを検討

アップルがもっともiWatchに重要だと考えているのはバッテリーの持ち時間だ。へたをするともっとも軽視しがちな

薄さを実感、iPad Air2のハンズオン動画のご紹介

もうiPad Air2は見ましたか? 話題になっていると思いますがiPad Air2はiphone6よりも薄い

【速報】国内SimフリーiPhone登場 – AppStoreから購入可能!

とうとうやってきました! 国内でもSIMフリーのiPhoneをアップルオンラインストア(AppStore)から

テスラの進化、Apple Watchで自動車庫入れ車庫出しする動画

日本でも自動運転が認可となったのはご存じだろうか? テスラモーターズの「Model S」が第一号車となりました

Apple,来年の新カテゴリーの製品は『iWatch』に1本化、全力で開発の方向

先月、アップルの第四半期決算の発表の席上、ティムクックがぶち上げた「2014年に新たなカテゴリーの商品の投入」

Loading
知らなかった!? iPhone電話の不思議
知っていればなんということも無いことが、以外と不思議に思えることがあるものです。iPhone電話にもその不思議...
【iOS11】アプリなしでQRコード読み取り可能に!
2次元バーコード「QRコード」が標準カメラで読み取り可能になるようです。これまで必ず必要だったサードパーティ製...
wwdcで発表になったiOS11の新機能
今年秋に正式にリリースされる次期iOS11とはどんなOSなのか、今年のwwdc2017の発表内容からおさらいし...
【iOS11】パスワードを知らなくてもWiFiを簡単にシェアできる
WiFi接続はパスワード入力なしにはできません。でもiOS11なら近くに接続済みのiPhoneがあればパスワー...
【iOS11】iPhoneスクリーンを録画できる「Screen Recording」を実装
iPhoneアプリでありそうでないのがこの「Screen Recording」。iPhoneガイドをつくろうと...