iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

新型iPhone SEはどのくらい早い? - ベンチマークテスト結果

投稿日:2016年3月23日 更新日:

新型iPhone SEはどのくらい早い? 新機種が発売になると恒例のベンチマークテストにかけられます。iPhone SEもTechCrunchさんがやってくれました。


iPhone SEは現行機種のiPhone6Sと同じ性能を持ってます。はたしてそうなのでしょうか?
TechCrunchのMatthew Panzarino氏は、さっそくGeekBenchというベンチマークで検証した結果をTwitter上で掲載しています。掲載した情報はブログの最後をご覧ください。 

動作周波数1.85GHz、RAM容量は2GB

まず明らかになったのは、プロセッサはA9、動作周波数1.85GHz、RAM容量は2GBであること。これはiPhone6Sと同じであり、既存の報道は間違いありませんでした。

シングルコア2538、マルチコア4421

GeekBenchの検証では、シングルコア2538でこれはiPhone6Sと同スコアですが、マルチコア4421はiPhone6Sより若干遅くiPhone6S Plusと同等となりました。これらは以前AppBankさんがテストしており以下を参照してください。

実測はiPhone6Sよりも500もスコアが低く出てしまいました。CPUも動作速度も同じであれば結果も同じはずなんですが…ベンチマークはそもそもテスト環境や個体差に左右されずにいつでも同じ結果がでるようになっているはずなんですが、たまたまテストしてiPhone SEが500低いかったのかどうか不明です。今後の同様のテストを待ちたいと思います。

geekbench シングルコアgeekbench マルチコア

 

-未分類
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5色展開のiphone5c

【iphone5c速報】iphone5sより若干大きめのサイズで、後継機iphone5c

続いてiphone5cも登場しました。こちらも予想取りの結果で、ほぼ現行iphone5sと同じiphone5c

iPhone7Sはガラスボディと有機EL採用予定

予定どおりだと来年発売されるiPhone7Sは、ガラスでできたボディと有機ELディスプレイが採用される?またま

久々、アップルの極秘事項を入手!iPhone試作機を運ぶ「ステルス・ケース」

なんか凄い極秘中の極秘に触れたようなヒット。アップル試作機を運ぶ「ステル・ケース」だって!一見、あまり秘密にな

次期iphone5sはプロセッサーもアップグレード?

6月24日、次期iphone5sとみられるプロトタイプ機の流出写真より、iphone5sに搭載されるプロセッサ

iphoneのbackup/restore

iTunesを使用してiPhoneのバックアップ/リストアを行う方法iTunesとiPhoneを接続します。i

googleマップ、主な機能と基礎解説
iPhoneアプリでも地図アプリの代表のひとつとしてgoogleマップはぜひ押さえておきたいアプリです。自動車...
マップ、地点登録に必要なマーカードロップとお気に入り、連絡先登録について
マップに地点登録してどんどんと使いやすくなるようにしよう。地点登録は基本中の基本で、ナビゲーションの起点や終点...
iphoneの地図の方角が狂っている場合の原因と対処
iPhoneの示す方角が狂っている場合にはまともに地図が表示できないので、ルート案内などに不具合を引き起こしま...
マップでルート案内する方法
基本画面マップを起動すると以下の基本画面を表示します。基本画面の右上には、地図設定アイコンと現在地定アイコンが...
iOS10対応!「マップ」アプリでこの周辺を検索してみる
マップには、自宅周辺や指定した地域の近くにあるいろいろな店舗や施設を検索する機能が装備されています。検索するに...