iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

【動画】iPhone SEの水没は、10分ぐらいなら大丈夫な動画

投稿日:

前回に続いてiPhone SEの実験動画を2つ紹介します。こちらも新発売となったばかりのiPhone SE。手にジャストフィットな4インチ液晶復活モデルです。

img_2665

水没は10分ぐらいなら大丈夫?

iPhone SEもこれまでのアップル製品と同じ防水対応していない機種です。Andorid機と違い未だに防水機能はないんですね。アップルの防水対応としては、Apple Watchが防水ではなく防滴機能を備えるのみです。さて、問題の動画ですが、iPhone5Sとともに水槽に中に沈められます。一番左がギャラクシー(防水です)、真ん中がiPhone 5S、そして一番右端がiPhone SEです。最初に10分間水没させられますが、水から引き上げて動作を確かめますが、10分間の水没では大丈夫で問題はなかったようです。

つづいて、さらに水没を継続すると最初に誤動作したのが新機種のiPhone SEの方でした。旧機種よりも水に弱いかどうかはわかりませんが、前回の動画で9.7インチのiPad Proも11分ぐらいから急激に水の影響がでてました。水圧の問題もあると思いますが、水の中では10分以内が限界かもしれませんね。といっても普段の生活で事故を防ぐ目的としては十分な時間だと思います。

もし万が一に水没させてしまったら?

iPhone等のスマートフォンをもし万が一に水没させてしまったら、肝心なのは直ちに電源をオフにして水を拭き取り乾くのを待つだけです。再び電源が入ればOKです。

水没させた場合の対処

  1. 水からただちに拾い上げ、電源を切ります。
  2. 本体についた水滴をふき取ります。
  3. SIMは本体から抜き取り、ティッシュなどできれいに拭いて保管します。
  4. 乾燥させます。
  5. 完全に乾ききるまでは再び電源をいれてはだめです。
  6. 一日くらいはほっといた方がいいかもしれません。

再び電源が入れば、それは幸運だったのかもしれませんよ。
以上

スポンサーリンク

公開日:2016/04/03 カテゴリ:iphoneニュース

次期iphone6パーツの鮮明写真が多数入手!

次期iphone6のさまざまな部品の鮮明写真がリークされました。この写真を提供したのはロシアのFeld &am

iPhone・iOS最新実態調査、実に68.3%がなんらかのiOS端末を所有

あらためてiPhone天国を証明! スマートフォン(携帯含む)利用者の68.3%がiPhone等のiOS端末を

iphone6のスペック情報もようやく解禁(してもいい?)

今年も6月半ばとなり、ようやく次期iPhone6の本物ではないかというスペックなりが固まってきました。そこで一

iPhone7s/7s Plusは9月、iPhone8は10月で今年後半に3機種発売

今年iPhoneは3機種発売。今までぼんやりとしていた今年のアップルの次期iPhoneの戦略がはっきりとしてき

次期iphone5sと廉価版iphoneの外観があきらかに

これまで次期iphone5sの部品レベルの流出写真や廉価版iphoneのプラスティック筐体のコンセプト画像等の

スポンサーリンク

Loading
iOS11へアップデート後不具合多発! ちょっと酷くない?
OSのアップデート後の不具合は往々にして起こりえることですが、iOS11はこれまでに比べるとちょっと酷いかもし...
10月23日よりiPhoneのSuicaカードも「EX予約専用ICカード」として利用可能になります - JR東海
最近、エクスプレス予約は往復割引商品や早特商品などを発売して内容を充実させてきていますが、まもなくiPhone...
iPhone8発表イベント開催日時決定! イベント詳細情報について。
OLED搭載のiPhone8の発表イベントの開催日時が決定。開催にあたりアップルはプレス関係者に招待状を発送。...
iPhone7の新色PRODUCT RED発売
iPhone7に色鮮やかな深紅のPRODUCT REDを追加、3月25日より発売されます。3月21日、アップル...
iPhone8は5.8インチ実現に一歩前進? 5.8インチはどのくらいかサイズ比較した
iPhone8の液晶サイズは5.8インチ。そのサイズ感を図解して調べてみた。 iPhone7/7PluとiPh...