iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhone 低調! 4月~6月期も減産へ

投稿日:2016年4月17日 更新日:

アップルにも転機がおとづれている。iPhone6S/6S Plusの売上が低調で4月~6月期の減産を決定。

 

前期に続いて連続6カ月3割減産

これまで毎年々売上新記録を更新するほど絶好調だったアップルだが、1月~3月期にも3割の減産をメーカーに指示していた。アップルから受注しているメーカーは、じっと回復を待っていたはずだが、まさかの今期も減産になるとは思わなかったに違いない。つい先日台湾鴻海傘下にはいったシャープにとってはかなり痛い。

このニュースを報じた日経新聞によると

昨秋に発売された主力モデルのiPhone6S/6SPlusが低調のため、減産期間を延長するとメーカーに伝えた。

との事。

iPhone6S/6SPlusの発売直後の3日間の売上は、これまでの最高の1300万台に達したと報じられていましたが、その後の売上が伸びなかったらしい。また先日、4インチサイズのiPhone SEを発売したが回復するほどの売り上げは見込めず、今期も3割の減産を決めた

以下のグラフは昨年アップル初の前年割れを報じた記事の資料ですが、iPhoneの発売当初5年間は年々2倍近く売上を伸ばし、2015年でも前年比36.6%増である。今年は15%以上のダウンが既に確定している。

iphone売上げ推移~2015年

多数の日本企業も影響を受けている

前述したとおりシャープは台湾の鴻海精密工業と調印し傘下にはいることになったが、既に前払い金として1,000億円を受け取る状態で残りの出資金は10月5日頃となる予定。それまではシャープは運転資金を自前調達しなければならない。一難去ってまた一難。シャープは相当苦しい。

この他にもアップルが今年公表したサプライヤーリストをみると、日本国内では126の施設でアップル製品の部品が作られています。これらの企業も当然の影響があり夜も眠れない日々が続くのではないでしょうか。

どのような企業がアップルとかかわっているのか、2016年のアップルのサプライヤーリストを見たい方は下記のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Loading
iOS11へアップデート後不具合多発! ちょっと酷くない?
OSのアップデート後の不具合は往々にして起こりえることですが、iOS11はこれまでに比べるとちょっと酷いかもし...
10月23日よりiPhoneのSuicaカードも「EX予約専用ICカード」として利用可能になります - JR東海
最近、エクスプレス予約は往復割引商品や早特商品などを発売して内容を充実させてきていますが、まもなくiPhone...
iPhone8発表イベント開催日時決定! イベント詳細情報について。
OLED搭載のiPhone8の発表イベントの開催日時が決定。開催にあたりアップルはプレス関係者に招待状を発送。...
iPhone7の新色PRODUCT RED発売
iPhone7に色鮮やかな深紅のPRODUCT REDを追加、3月25日より発売されます。3月21日、アップル...
iPhone8は5.8インチ実現に一歩前進? 5.8インチはどのくらいかサイズ比較した
iPhone8の液晶サイズは5.8インチ。そのサイズ感を図解して調べてみた。 iPhone7/7PluとiPh...