iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

新型Macbookは、旧型よりCPUパフォーマンスが15%~18%向上

投稿日:

昨日、第6世代CoreMプロセッサを積んだ新型Macbookが発売された。一番気になる点は実際にどの程度高速化されたのかだが・・・

新型は15%~18%向上

さっそく、MacRumoresで新型Macbook1.2GHzのGeekbenchによるスコアが開示されていたので紹介します。新型MacbookのSingleCoreは2580、MultiCoreのスコアは5845。これは旧型の同スコアと比べるとSingleCoreが2437、MultiCoreが5049だったので、SingleCoreスコアで18%、MultiCoreスコアで15%向上したことになります。

新型Macbookのベンチマーク

書き込みスピードは93%もの高速化

Appleが高速化したといっているフラッシュディスクだが、こちらは書き込みスピードで852.3MB/s、読み込みスピードが930.9MB/sで旧型が440MB/s、773.4MB/sであるので、書き込みスピードについては93%、読み込みスピードは20.3%高速化しています。書き込みスピードについてはほぼ倍になっています。

用途はモバイル作業に限られる

数字だけ眺めると新型Macbookはかなり速そうですが、まだまだ非力で本格的な作業には向かないようです。ディスクトップ用のCPUであるCore i5を積んだMacbook AirやMacbook Proに対して、12インチのMacbookのCoreMはモバイル用途の専用CPUでもともとが遅い。どちらかというとそのボディのコンパクトさから移動して使用するためのノートと割り切って使うのがよさそう。

昨年の評価記事ですが、以下のサイトを参考にしてみてください。

-未分類
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最新iPhone6Sに発熱問題発覚! しかも発熱するとフラッシュが使用できない。

初期不良か?25日に発売されたiPhone6S/iPhone6S plusが使用中に熱くなりフラッシュが使用で

写真でみるWWDC2013開催内容

今朝、アップル社の開発者向けのWWDC2013が米国で開催されました。WWDC2013の基調講演の内容は、午前

iPhone SEは多くの部分でiPhone 6Sとパーツ共有している

さっそくiPhone SEが分解されていますね。Chipworksが分解レポートを公開し、iPhone SEの

Microsoft オフィスがiphoneで無料で利用可能に、iPad版は年内対応!

3月28日、アップルはMicrosoftオフィス製品のiPhone版「Microsoft Office Mob

アップル、iOS9.3.1をリリース。safari等のリンクのタップで応答しなくなる問題を修正!

4月1日、アップルは最新となるiOS9.3.1をリリースし不具合の修正をしました。iOS9.3.1リリースiO

Loading
知らなかった!? iPhone電話の不思議
知っていればなんということも無いことが、以外と不思議に思えることがあるものです。iPhone電話にもその不思議...
【iOS11】アプリなしでQRコード読み取り可能に!
2次元バーコード「QRコード」が標準カメラで読み取り可能になるようです。これまで必ず必要だったサードパーティ製...
wwdcで発表になったiOS11の新機能
今年秋に正式にリリースされる次期iOS11とはどんなOSなのか、今年のwwdc2017の発表内容からおさらいし...
【iOS11】パスワードを知らなくてもWiFiを簡単にシェアできる
WiFi接続はパスワード入力なしにはできません。でもiOS11なら近くに接続済みのiPhoneがあればパスワー...
【iOS11】iPhoneスクリーンを録画できる「Screen Recording」を実装
iPhoneアプリでありそうでないのがこの「Screen Recording」。iPhoneガイドをつくろうと...