iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

新型Macbookは、旧型よりCPUパフォーマンスが15%~18%向上

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

昨日、第6世代CoreMプロセッサを積んだ新型Macbookが発売された。一番気になる点は実際にどの程度高速化されたのかだが・・・

新型は15%~18%向上

さっそく、MacRumoresで新型Macbook1.2GHzのGeekbenchによるスコアが開示されていたので紹介します。新型MacbookのSingleCoreは2580、MultiCoreのスコアは5845。これは旧型の同スコアと比べるとSingleCoreが2437、MultiCoreが5049だったので、SingleCoreスコアで18%、MultiCoreスコアで15%向上したことになります。

新型Macbookのベンチマーク

書き込みスピードは93%もの高速化

Appleが高速化したといっているフラッシュディスクだが、こちらは書き込みスピードで852.3MB/s、読み込みスピードが930.9MB/sで旧型が440MB/s、773.4MB/sであるので、書き込みスピードについては93%、読み込みスピードは20.3%高速化しています。書き込みスピードについてはほぼ倍になっています。

用途はモバイル作業に限られる

数字だけ眺めると新型Macbookはかなり速そうですが、まだまだ非力で本格的な作業には向かないようです。ディスクトップ用のCPUであるCore i5を積んだMacbook AirやMacbook Proに対して、12インチのMacbookのCoreMはモバイル用途の専用CPUでもともとが遅い。どちらかというとそのボディのコンパクトさから移動して使用するためのノートと割り切って使うのがよさそう。

昨年の評価記事ですが、以下のサイトを参考にしてみてください。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る