iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

新型Macbookは、旧型よりCPUパフォーマンスが15%~18%向上

投稿日:

昨日、第6世代CoreMプロセッサを積んだ新型Macbookが発売された。一番気になる点は実際にどの程度高速化されたのかだが・・・

新型は15%~18%向上

さっそく、MacRumoresで新型Macbook1.2GHzのGeekbenchによるスコアが開示されていたので紹介します。新型MacbookのSingleCoreは2580、MultiCoreのスコアは5845。これは旧型の同スコアと比べるとSingleCoreが2437、MultiCoreが5049だったので、SingleCoreスコアで18%、MultiCoreスコアで15%向上したことになります。

新型Macbookのベンチマーク

書き込みスピードは93%もの高速化

Appleが高速化したといっているフラッシュディスクだが、こちらは書き込みスピードで852.3MB/s、読み込みスピードが930.9MB/sで旧型が440MB/s、773.4MB/sであるので、書き込みスピードについては93%、読み込みスピードは20.3%高速化しています。書き込みスピードについてはほぼ倍になっています。

用途はモバイル作業に限られる

数字だけ眺めると新型Macbookはかなり速そうですが、まだまだ非力で本格的な作業には向かないようです。ディスクトップ用のCPUであるCore i5を積んだMacbook AirやMacbook Proに対して、12インチのMacbookのCoreMはモバイル用途の専用CPUでもともとが遅い。どちらかというとそのボディのコンパクトさから移動して使用するためのノートと割り切って使うのがよさそう。

昨年の評価記事ですが、以下のサイトを参考にしてみてください。

-未分類
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

fedex貨物画像

アップル、iphone5s/5cの販売国を追加 - 10月25日より

iphone5s/5cは現在世界9カ国で販売されてますが、10月25日から販売する国を追加すると発表しました。

5色展開のiphone5c

iPhone5cによる山手線駅スピードテスト

新型iPhone発売以来、「どこのキャリアを選んだらいいのか」という読者からの質問を受けます。注目しているには

iMac Retina 27インチが最終テスト段階、来月のスペシャルイベントで発表も?

今月に開催されると噂のアップルのスペシャルイベントに、iMac Retinaの27インチが発表されそうだ。9T

iPad Airってどのくらい速いの - Youtube動画で比較

iPad airが処理速度が速いのは当たり前ですが、どのくらい速いのかは動画で見た方が感覚的につかめますよね。

anytransアイコン

バックアップもiPhone楽曲データの抽出もできるAll In Oneな「AnyTrans5」リリース

いざという時にバックアップが必要になるのは今も昔も変わらない。これまでiPhoneのデータバックアップはすべて

マップ、地点登録に必要なマーカードロップとお気に入り、連絡先登録について
マップに地点登録してどんどんと使いやすくなるようにしよう。地点登録は基本中の基本で、ナビゲーションの起点や終点...
iphoneの地図の方角が狂っている場合の原因と対処
iPhoneの示す方角が狂っている場合にはまともに地図が表示できないので、ルート案内などに不具合を引き起こしま...
マップでルート案内する方法
基本画面マップを起動すると以下の基本画面を表示します。基本画面の右上には、地図設定アイコンと現在地定アイコンが...
iOS10対応!「マップ」アプリでこの周辺を検索してみる
マップには、自宅周辺や指定した地域の近くにあるいろいろな店舗や施設を検索する機能が装備されています。検索するに...
iOS10のマップアプリは最寄りのスポット検索や乗換案内ができるようになった
 マップはiOSに最初からインストールされているアップルの純正地図アプリです。レストランやコーヒーシ...