iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphone7のこんなところが進化したよ!

投稿日:2016年9月20日 更新日:

iPhone7のどごが変わったのか? やっぱりiPhoneの新製品はほしくなりますね。来年を控えてマイナーアップデートといわれたiPhone7もいざ箱を開けると魅力的な機種に出来上がってきた。ハードウェア面から見たポイントを紹介しましょう。

ホームボタンは感圧式に

iPhone7のホームボタンはこれまでの物理的なものから感圧式のタッチボタンに変更になりました。このタッチボタンには振動して押した感触を再現するTaptecエンジンを搭載している。まだこのタッチボタンの動作レビューを記したブログはすくなく、事前の情報では、Macbookに搭載されたものよりは完成度は低くリアルに再現されていなという評判がある一方で、初めて触った人にとっては物理式のボタンと勘違いする程の出来映えだと評価する意見もあります。リアル性を追求すれば微妙な感触だが、慣れ親しんでしまえば違和感はなくなるという感じだろうか?

ホームボタンは感圧タッチ式に変更

Felica対応

これでようやくJRの改札をフリーパスできそうです。iPhoneがおサイフケータイとなりました。これはもう何も説明はいらないでしょう。

iPhoneでもFelicaに対応

初めて防水対応

前項のFelica対応とともに注目するのがこの防水対応(ipx67)でしょう。iPhoneはもともと内部に水は入りにくくしていましたが、今回初めて公式に防水対応となりました。厳格に表現すれば防水というよりも防沫で、“水にぬれても大丈夫、多少の水中も大丈夫”と考えてください。水蒸気の充満したお風呂場や水泳などの状況下での使用は避けた方が良さそうです。それでもうっかりミスによる水濡れの危険性が避けられるので安全性は格段に向上したと思ってよいと思います。

 

ちなみに水濡れによる故障は保証対象外だそうです

通信を高速化

iPhone7、iPhone7 Plusは通信速度は下り最大450Mbpsに対応しています。iPhone7の内蔵アンテナが3本になりました。1本あたり最大で150Mbpsとなりますので、最大で450Mbpsの高速通信が可能です。国内のキャリアで現在最速のドコモの375Mbpsが理論上可能となりました。

 

スピーカーは上下でステレオ再生可能に

ようやくiPhone本体で聞いてもステレオで聞くことができるようになりました。スピーカーの位置は上下で聞くようになっています。通話に使われるスピーカーからも音が出るようになっています。

 

本体でもステレオ再生可能になった

 

iPhoneの底面を見ると横並びにスピーカの穴があるようですが、左側は気圧計の調整口となっています。

 

イヤフォンジャックの廃止

iPhone7のもっとも有名は変更点がこのイヤフォンジャックの廃止です。これまでオーディオ機器ならほぼ100%搭載しているイヤフォンジャックがなくなるのはアップルの大英断です。今後さらに本体を薄型化する上でボトルネックとなりそうなので早めに手を打ったというところでしょうか?

 

今後どうやってイヤフォンで聞くのかとういうと、唯一の接続端子であるLightning端子に、イヤフォンジャックへの変換アダプタもしくLightning専用のEarPodsイヤフォンを接続することにより聞くことができます。どちらもiPhone7に同梱されています。

earpods

Lightning接続するEarPods(同梱)

earphone_adaptor

イヤフォンジャックアダプタ(同梱)

 

airpods

BlueTooth接続するAirPods(¥16,800)

 

 

従来のiPhoneでLightning端子接続するには、iOS10にアップデートする必要があります。

 

カメラも大幅に進化

カメラの進化はなんといってもiPhone7Plusに搭載されたデュアルレンズカメラでしょう。2つのカメラはそれぞれ広角用と望遠用に別れ別々の画像を撮影し合成します。これらの組み合わせで一眼レフにも匹敵する写真を撮ることができるようになりました。

iphone7plusはデュアルレンズカメラ搭載

自分撮りするためのFacetimeカメラの画素数も現行の500万から700万のアップグレードしています。

 

 

ボディカラーが5色に

iPhone6でゴールド、iPhone6sでローズゴールド、そしてiPhone7ではマッドなブラックと鏡面のような輝きのあるジェットブラックの2色が追加され、計5色での発売となりました。ジェットブラックの予約開始30分足らずで予約待ちとなる人気です。

ボディカラーは5色に

iPhone7スペック表

最新iPhone7のスペックは以下のとおり

iphone7
iPhone7Plus iPhone7
モデル番号 A1779 A1785
発売日 2016年9月16日
CPU A10
RAM 3GB(※1) 2GB
iOS iOS10
液晶 サイズ 5.5インチ 4.7インチ
解像度 1920x1080 1334x750
401ppi 326ppi
3D Touch
サイズ 高さ 158.2mm 138.3mm
77.9mm 67.1mm
厚さ 7.3mm 7.1mm
重量 192g 138g
カメラ iSight 12M広角と12M望遠
(デュアルレンズカメラ)
12Mカメラ
光学式手ぶれ補正
FaceTime 7M
f2.2
ビデオ 1080p撮影(30fps/60fpx)
4Kビデオ撮影可
SIM nano-SIM
通信 4G LTE Advanced
VOLTE
BlueTooth Bluetooth4.2
Touch ID
Siri
センサー 3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
コネクター Lightningコネクター
防水 IP67等級
カラー ゴールド
シルバー
ローズゴールド
ブラック
ジェットブラック
ストレージ容量 32G
128G
256G
その他 iPhoneで初めてFelicaに対応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Loading
iOS11へアップデート後不具合多発! ちょっと酷くない?
OSのアップデート後の不具合は往々にして起こりえることですが、iOS11はこれまでに比べるとちょっと酷いかもし...
10月23日よりiPhoneのSuicaカードも「EX予約専用ICカード」として利用可能になります - JR東海
最近、エクスプレス予約は往復割引商品や早特商品などを発売して内容を充実させてきていますが、まもなくiPhone...
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方 - BGM挿入編
iMovieでする動画編集のBGM挿入編です。iMovie2.2.4でBGMを付ける!iMovieでもBGMを...
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方 - タイトル挿入編
動画を公開する場合、真っ先に必要になるのがタイトルの挿入です。iOSには無料で使えるiMovieアプリがありま...
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方
iMovieだけで、タイトルやテロップなどを挿入したりハリウッド映画の予告編みたいな動画も作成できる。iMov...