iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphone7/iPhone7 Plus購入ガイド

投稿日:2016年9月21日 更新日:

2016年9月に発売となったiPhone7/iPhone7 Plusを購入する場合に知っておきたい情報を記載しています。

iPhone7/iPhone7 Plus

左:iPhone7(4.7インチ) 右:iPhone7 Plus(5.5インチ)

左:iPhone7(4.7インチ) 右:iPhone7 Plus(5.5インチ)

概要

基本的にiPhone7は4.7インチでiPhone7 Plusは5.5インチの大型液晶を搭載したモデルとなります。

iPhone7とiPhone7Plusの違い

購入する場合、iPhone7にするかiPhone7Plusにするかどちらを選んだら良いでしょうか? 操作方法やできる事はどちらも同じですし、バッテリーの駆動時間なども同じですので、やはり大きさと価格によってどちらが好みか決めましょう。価格的にはiPhone7Plusの方が約1万3千円程高くなります。

実際、液晶サイズが大きいiPhone7Plusは文字がとても大きくて見やすいですが、実物を見るとかなり巨大な感じがします。電話をするときはほぼ顔の半分くらい覆ってしまう感じです。購入を決める場合に、実際に店頭で手にとって比較した方が良いでしょう。

先ほどできる事は同じと言いましたが、iPhone7にするかiPhone7Plusにするかを決める上で重要なポイントがあります。iPhone7Plusは写真を撮る場合に、背面のカメラがデュアルレンズとなりiphone7のシングルレンズとは段違いの差が出てしまいます。写真を重視する方はこの点にも注意してください。

旧モデル(iPhone6s/iPhone6S Plus)との違い

  • 最新のA10プロセッサーを搭載し、処理が早い
  • ボディカラーは全5色に、シルバー/ゴールド/ローズゴールドに加えブラック(マッド)とジェットブラックが加わりました。
  • 防水・防塵(IPX67)※完全防水ではありません。注意してください。
  • Felica対応
  • デュアルレンズカメラ(iPhone7Plusのみ)
  • ストレージ容量が32GB/128GB/256GBの構成に変更

このiPhone7およびiPhone7 Plusの購入時の情報を下記に記載しています。

発表・発売

発表:2016年9月8日(木)午前2時~
予約受付:2016年9月9日(金)午後4時01分~
発売:2016年9月16日(金)
iOS: iOS10搭載
取扱:ドコモ、au、ソフトバンク、Appleストア

機種代金はどこが最も安いのか

今年4月から実質0円での販売が禁止されソフトバンクとauは全く同じで、ドコモが他社に比べて機種代金は高くなっています。

機種代金については、新規(MNP含む)の場合よりも機種変更の場合の料金は高く設定されています。

iphone7

新規/MNPの場合(iPhone7)
ドコモ au SoftBank
実質負担額(MNP) 実質負担額(新規・MNP) 実質負担額(新規・MNP)
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 128GB 32GB 128GB 256GB
端末代金 82.296円 93,960円 105,624円 79,200円 90,720円 102,600円 88,080円 99,840円 111,840円
端末月額 3,429円 3,915円 4,401円 3,300円 3,780円 4,275円 3,670円 4,160円 4,660円
割引額 -2,322円 -2,322円 -2,322円 -2,850円 -2,850円 -2,8500円 -3,220円 -3,230円 -3,235円
実質負担(月額) 1,107円 1,593円 2,079円 450円 930円 1,425円 450円 930円 1,425円
総支払額 26,568円 38,232円 49,896円 10,800円 34,200円 36,480円 10,800円 22,320円 34,200円
機種変更の場合(iPhone7)
ドコモ au SoftBank
実質負担額(MNP) 実質負担額(新規・MNP) 実質負担額(新規・MNP)
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 128GB 32GB 128GB 256GB
端末代金 82.296円 93,960円 105,624円 79,200円 90,720円 102,600円 88,080円 99,840円 111,840円
端末月額 3,429円 3,915円 4,401円 3,300円 3,780円 4,275円 3,670円 4,160円 4,660円
割引額 -2,322円 -2,322円 -2,322円 -2,445円 -2,445円 -2,445円 -2,815円 -2,825円 -2,830円
実質負担(月額) 1,107円 1,593円 2,079円 855円 1,355円 1,830円 855円 1,355円 1,830円
総支払額 26,568円 38,232円 49,896円 20,520円 32,520円 43,920円 20,520円 32,520円 43,920円

iPhone7 Plus

新規/MNPの場合(iPhone7 Plus)
ドコモ au SoftBank
実質負担額(MNP) 実質負担額(新規・MNP) 実質負担額(新規・MNP)
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
端末代金 96,552円 108,216円 119,880円 92,880円 104,760円 116,640円 99,840円 114.000円 126,000円
端末月額 4,023円 4,509円 4,995円 3,870円 4,365円 4,860円 4,160円 4,750円 5.250円
割引額 -2,349円 -2,349円 -2,349円 -2,850円 -2,850円 -2,850円 -3,140円 -3,235円 -3,240円
実質負担(月額) 1,674円 2,160円 2,646円 1,020円 1,515円 2,010円 1,020円 1,728円 2,010円
総支払額 40,176円 51,840円 63,504円 24,480円 36,360円 48,240円 24,480円 36,360円 48,240円
機種変更の場合(iPhone7 Plus)
ドコモ au SoftBank
実質負担額(MNP) 実質負担額(新規・MNP) 実質負担額(新規・MNP)
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
端末代金 96,552円 108,216円 119,880円 92,880円 104,760円 116,640円 99,840円 114.000円 126,000円
端末月額 4,023円 4,509円 4,995円 3,870円 4,365円 4,860円 4,160円 4,750円 5.250円
割引額 -2,349円 -2,349円 -2,349円 -2,850円 -2,850円 -2,850円 -3,140円 -3,235円 -3,240円
実質負担(月額) 1,674円 2,160円 2,646円 1,425円 1,920円 2,415円 1,425円 1,920円 2,415円
総支払額 40,176円 51,840円 63,504円 34,200円 46,080円 57.960円 34,200円 46,080円 57.960円

各社の料金プラン

20GB,30GBの大容量プランを追加

iPhone7の料金プランは通話定額やパケット料金など従来と同じになりますが、iPhone7の発売に合わせて毎月20GBおよび30GBの大容量のパケット料金プランを追加しました。これらの大容量パケットは翌月に繰り越しはできますが、家族シェアをすることはできません。

ドコモとソフトバンクについては、さらに上位の毎月50GBおよび100GBタイプの追加し、こちらは家族シェアができるタイプとなります。

これまで8GB~30GBを契約している方も、料金はほぼ変わらずに2倍から3倍に使えるパケット料が増えます。これを機会に見直すのもいいかもしれません。

料金プラン詳細

下記の料金表は、通話定額(2,700円/税別/月)を選択した場合の料金表を示した。各社が提供する通話定額ライト(1,700円/税別/月)は、下記の表から税別で1,000円を差し引いた金額となります。

各社の料金プラン早見表(税別)
ドコモ au ソフトバンク
料金プラン名称 カケホーダイ&パケ合える カケホとデジラ スマ放題
プラン提供開始 2016年9月 2016年9月 2016年9月
基本料金
(通話定額)
2,700円 2,700円 2,700円
カケホーダイプラン 電話カケ放題プラン スマ放題プラン
インターネット接続 300円 300円 300円
spモード LTE.NET S!ベーシックパック
パケット定額 1GB (設定なし) 2,900円 2,900円
データ定額1 データ定額ミニ1GB
2GB 3,500円 3,500円 3,500円
データSパック データ定額2 データ定額ミニ2GB
3GB (設定なし) 4,200円 (設定なし)
データ定額3
5GB 5,000円 5,000円 5,000円
データMパック データ定額5 データMパック
20GB 6,000円 6,000円 6,000円
ウルトラデータLパック データ定額20 データ定額20GB
30GB 8,000円 8,000 円 8,000円
ウルトラデータLLパック データ定額30 データ定額30GB
50GB 16,000円 (設定なし) 16,000円
ウルトラシャアパック50 データ定額20GB
100GB 25,000円 25,000円
ウルトラシェアパック100 データ定額30GB
ユニバーサルサービス料 3円 3円 3円

機種代金割引サービスを利用できないケースがあります

ドコモの端末購入サポート、auの毎月割、ソフトバンクの月々割というiPhone等の購入費用を割引きとなるサービスがあります。この割引きサービスは各社とも2年契約と対象プランへの加入が条件となります。端末を購入する場合は必ずこれら割引サービスの加入条件を満たすプランに加入してください。

ドコモ端末購入サポートの詳細
auの毎月割の詳細
ソフトバンクの月々割の詳細

残金を免除するアップグレードプログラムへ加入

毎年新機種にしたい場合は、残金を気にしないで購入できるアップグレードプログラムを用意しています。アップグレードプログラムは毎月定額料(300円ぐらい)を支払うことで、18ヶ月から24ヶ月の残金が免除されます。

ドコモ機種変更応援プログラム
auのアップグレードプログラム詳細

ソフトバンク機種変更先取りプログラム

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Loading
ドコモも、iPhone SE/iPad Pro機種代金を発表
ドコモは昨夜、新型iPhone SEおよび9.7インチiPad Proの機種代金を発表しました。iPhone ...
ソフトバンク、iPhone SE/iPad Pro機種代金を発表。auと同一水準
ソフトバンクは、新型4インチiPhone SEの機種代金を発表しました。iPhone SE機種代金iPhone...
au、「iPhone SE」の料金プランを発表! 16GB月々450円~
auは先ほど「iPhone SE」の機種代金を含む料金プランを発表しました。機種代金iPhone SEの機種代...
最新ipad mini4も価格高騰!? キャリア価格を比べる。
今年も最新型iPad mini4が登場しました。iPad mini4はアップルストアからWifi版に加えてWi...
新型iPad mini4は9月10日からアップルストアで販売開始。
スペシャルイベントでは、ほとんど語られなかった新型の「iPad mini4」も内容をアップデートして既に販売が...