iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

【iOS10】使わない標準アプリを削除して整理ができる

投稿日:2016年9月24日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iOSにはたくさんの標準アプリがプレインストールされています。使わない標準アプリは削除してしまいましょう。

iOS10からは標準アプリも削除可能に!

これまで標準アプリは裏技を使って削除したり、フォルダを作って中にしまったりして非表示としていましたが、iOS10からは標準アプリも削除できるようになりました。ただし、電話アプリやメッセージなど重要なものは削除できません。また削除してしまった標準アプリは復活も可能です。

削除方法は通常と同じ

自分でダウンロードしたアプリ等は、対象のアプリを長押しすることでアイコンがぷるぷる状態となり右上にXボタンが表示され、Xボタンを選択することでアイコンを削除できました。iOS10であれば、これらと同じ方法で使わない標準アプリは消す事ができます。

標準アプリも削除可能に

削除できる標準アプリにはXボタンを表示

ホーム画面から標準付属 App を削除すると、関連するユーザデータや構成ファイルも削除されます。ホーム画面から標準付属 App を削除すると、ほかのシステム機能に影響する場合があります。注意してください。
(iPhone取扱説明書より)

削除可能な標準アプリの一覧

削除可能な標準アプリは以下

  • 計算機
  • カレンダー
  • コンパス
  • 連絡先(連絡先の情報は「電話」App から引き続き使用できます)
  • FaceTime
  • 友達を探す
  • ホーム
  • iBooks
  • iCloud Drive
  • iTunes Store
  • メール
  • マップ
  • ミュージック(CarPlay からも「ミュージック」App が削除されます)
  • News
  • メモ
  • Podcast
  • リマインダー
  • 株価
  • ヒント
  • ビデオ
  • ボイスメモ
  • Watch
  • 天気

削除したアプリの復活方法

削除した標準アプリは、他のアプリと同様にAppStoreからダウンロードして復活することができます。

以上

スポンサーリンク







当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク