iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

第2弾!タッチバー採用の意味「アップルがタッチバーに与えた使命」

投稿日:2016年10月29日 更新日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

アップルは昨日新型MacBook Proを発表しました。新型MacBook ProにはiPadと完全に棲み分けるための「Touch Bar」が搭載されました。
アップルスペシャルイベント「Hello,again」

MacBookには今後もマルチタッチ液晶は採用しない方針

MacBook PROが発表になる前、噂でOLEDのタッチ式液晶を搭載されるということを聞いて、私は今後も「MacBookにマルチタッチ液晶の採用はないな」と思いました。マイクロソフトとはアプローチが違うのだ。

やはりこれは現実的なことだと証明されました。それは、最高デザイン責任者のジョナサン・アイブ氏が、CNETのインタビューで語ったそうです。

AppleはMacにタッチスクリーンを導入しないことを、何年も前に決定した!!

やはりアップルはメッセージを発信続けていたのですね。今回の「Touch Bar」採用でそのメッセージを確実に受け取りました。

Macは第2のiPhone

アップルはTouch Barに使命を与えた。それはiPhoneのような世界ヒット商品とする事。ちょっと現実的ではないですね。iPhoneやiPadは一般ユーザをターゲットにし得たけども、今後ノートパソコンが普及するはずはないですものね。でもアップルがTouch Barを採用したことで、ユーザーインターフェースは大きく変わります。どれだけ使いやすいものができるか? 今後、Toutch Barには大きな期待が寄せられる事でしょう。楽しみ楽しみ!
ではでは。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>アップル総合ニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る