iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

Chrome(PC)のブックマークをiPhoneのSafariに同期する方法

投稿日:2017年2月8日 更新日:

PCにあるChromeのブックマークをiPhoneに同期させたいと思ったが、なかなかこのパターンの同期方法が見当たらないので、資料としてまとめてみた。

iPhoneにブックマークをインポート

“iPhone・ブックマーク・同期”のパターンでググってみると以外にも今回のPCとiPhoneの組み合わせがありません。この場合のPCはWindows10です。Macならもっと簡単にできるようですが、以外とWindows10とChromeというところで苦労しました。

この資料は、パソコンのChromeのブックマークをiPhoneに同期する方法を記述したものです!

環境

1.エクスポート側(Windows10/Chromeブラウザ)
2.インポート側(iPhone/iOS10.2/Safari)

として、ChromeブラウザのブックマークをiPhoneへインポートします。

 

インポート動作概要

ブックマークを同期する方法はいろいろありますが、iTunes(※1)のブックマークの同期を使います。ここで注意しなければならないのは、iTunesではChromeのブックマークを直接インポートすることはできないので、一度、PCにSafariをインストールしてこのSafariを経由してブックマークをインストールさせることにします。iPhoneのSafariをiCloudに同期したままだとまずいのでこれも外します。あとはiTunesの同期ボタンを押すだけでiPhoneのSafariにChromeのブックマークを同期することができます。

※1:使用したWindows10 にインストールしたiTunesのバージョンは、 12.5.3.17です。

手順

  1. PCにSafariをインストール
  2. ChromeのブックマークをSafariにインポート
  3. iPhoneのSafariをiCloudの同期からはずす
  4. PCでiTunesを起動し、ターゲットとなるiPhoneをケーブルで接続する
  5. iTunesのiPhoneの情報タブからブックマークの同期にチェックを入れる
  6. iTunesの同期ボタンを押下

それではこの手順にしたがって作業をおこなっていきます。

インポート作業

ChromeのブックマークをSafariにインポート

最初の手順はChromeのブックマークをSafari にインポートする方法です。これはHtml形式によるブックマークのインポート/エクスポートを使っておこないます。この方法はChromeもSafariもどちらも対応しています。

まず、ChromeのブックマークをHtmlファイルにエクスポートします。Chromeブラウザの右上にある[設定]ボタンから[ブックマーク]→[ブックマークマネージャ]と進んでください。

画像を拡大表示する

Chromeの操作1

次に下記の管理ボタンの隣にある三角マークをクリックし、”HTMLファイルにブックマークをエクスポート”を選んでSafariにインポートするためにHtmlファイルに保存してください。※同じくHtmlファイルからインポートできることも確認しておいてくださいね。

画像を拡大表示する

Chromeの操作2

次はPC上のSafariにインポートする方法です。インポートさせるメニューは、Windowsユーザにはおなじみの画面左上部分にあるメインメニュー(ファイルとか編集メニューがあるやつです)から、ファイルを選ぶと表示されるポップアップメニューに、”ブックアップをインポート”を選択してください。

画像を拡大表示する

Safariで操作3

次の画面では、先ほど保存したHtmlファイルをインポート対象として選択し直してください。

画像を拡大表示する

Safariで操作4

以下のようにブックマークのインポートは完了します。

画像を拡大表示する

Safariの操作5

iPhoneのSafariをiCloudの同期からはずす

ここはiPhoneでの操作です。iPhoneのSafariのブックマークは通常iCloudと同期するようになっていると思います。下記の操作によりiCloudとの同期を外してください。iPhoneのホーム画面から[設定]→[iCloud](左図)→[Safari]の右にあるスライドスイッチをOFFに(中図)→[iPhoneに残す](右図)のように選択するだけで同期が外れます。

1.”iCloud”メニュー選択

2.Safariの右にあるスライドスイッチをOFFに

3.表示されたポップアップからどちらかを選択!

PCでiTunesを起動し、ターゲットとなるiPhoneをケーブルで接続する

ここからiTunes上での作業になります。いつものようにPC(パソコン)とiPhoneをiTunesケーブルで接続してください。しばらくすると自動的にiTunesが起動するはずです。もし自動起動しない場合は、手作業でiTunesプログラムを起動してください。

iTunesのiPhoneの情報タブからブックマークの同期にチェックを入れる

以下の作業をおこなうことでSafariのブックマークを同期対象にします。前述したiPhoneのSafariがiCloudとの同期から外れている場合は、以下の図のようにその他の部分にブックマークの同期先にチェックが出来るようになっています。もし図のようになっていない場合はもう一度iCloudとSafariが同期していないかチェックし直してください。

ブックマークの同期先にチェックを入れる(下図②)と、その右にあるコンボボックスからSafariを選択することができます(下図③)。そしてiPhoneにブックマークを同期するように、”このiPhone上で置き換えられる情報にチェック(下図④)を入れます。

画像を拡大表示する

iTunesで操作6

iTunesの同期ボタンを押下して同期

これで同期の準備が完了しましたので、画面右下にある[同期]ボタンを押下して,同期が完了すればすべての作業は終了です。お疲れ様でした。

画像を拡大表示する

iTunesで操作6

スポンサーリンク


スポンサーリンク

Loading
必読!ios9で無理やりアプリのバックアップ(ダウンロード)する方法
ios8までは、itunesでアプリのバックアップができましたが、ios9にアップデートしたiphone等では...
iTunesは5台までしか使えない - コンピュータの認証解除方法
iPhoneやiPad等のバックアップや楽曲管理に使用するiTunesは、5台までしか使えません。これはコンピ...
itunes11のインストール
iOS5以降になって、iCloudサービスが始まりましたのでiphoneのバックアップなどitunesはもう必...
iTunesでカラオケする
iTunesでカラオケするiTunesに歌詞をダウンロードしてカラオケをやってみよう。iTunesをカラオケマ...