iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iOS10対応!「マップ」アプリでこの周辺を検索してみる

投稿日:2017年5月22日 更新日:

マップには、自宅周辺や指定した地域の近くにあるいろいろな店舗や施設を検索する機能が装備されています。検索するには、通知パネルから「マップ:この周辺」ウィジェットを起動します(iOS9の場合は「この周辺」)。

周辺検索機能

この周辺ウィジェットの表示設定

「この周辺」ウィジェットは、iOS9.3より追加となってますが、iOS10ではマップアプリに統合され初期状態ではウィジェットが表示されていません。下記の操作でウィジェットを表示するようにしてください。

  1. 通知パネル→編集→ウィジェットを追加
  2. マップ:この周辺ウィジェットを探す
  3. もし追加されていなければ、左端のプラスアイコンで追加

ウィジェット表示の確認

上記操作により「マップ:この周辺」ウィジェットを表示したのが下に例示した画面です。

ウィジェットのアイコン

下の図は、通知パネルに表示した「この周辺」ウィジェットのアイコン部分を抽出した画像です。下のように、丸いアイコンが4つ表示され、左からレストラン、バー、コンビニ、ナイトライフと並んでいます。このアイコンは時間帯によって表示されるものが異なり、このスクリーンショットを撮った時間帯が夜間だったため、右端のアイコンはナイトライフというようなものになっています。ちなみにナイトライフって何だ? いかがわしいものでも表示されるのかと思いましたがカラオケ店が表示されただけでした。

深夜の場合

ちなみに翌日撮ったアイコンが以下です。昼時でしたのでランチアイコンが表示されていますね。

昼時の場合

周辺のレストランを検索してみると

準備が済んだところで、レストランを検索してみましょう! レストランアイコンをクリックすると以下のようにマップが起動し、地図上にレストランのアイコンがいくつか表示されるのがわかると思います。表示されているレストランは、東京タワー周辺のレストラン12軒で、数字アイコンとなっているのは、レストランの集まっている件数を表示していますので、5というアイコンは5件のレストランがあることを示しています。

マップでは地図上の表示とともに検索されたレストランの一覧も表示されます。一覧には、

等がリストアップされています。詳細を表示するには店舗名をタップするとそのレストランの詳細が表示されます。下の画面は、レストラン「ル・パン・コティディアン」の詳細です。経路ボタンを押すと現在地からの経路が表示されますので、車・徒歩・交通機関(公共)を選んで経路を表示することが可能です。所要時間の表示の他、(公共)交通機関の場合、乗換案内・時刻なども表示されます。

マップから起動すると現在地以外でも検索が可能

ウィジェットから起動すると現在地を中心の検索してくれますが、結局、このウィジェット自体はマップのスポット検索を利用したもので、マップから起動した場合、あらかじめ地図の中心を探したい地域を表示しておいてから検索すると、地図を中心とした範囲のスポットが検索できます。試してみてください。

スポンサーリンク

Posted By:管理人 カテゴリ:マップ

スポンサーリンク

Loading
フィルタを追加»iPhone 8iPhone X予約予約受付
スペック&価格リンク
マップ、地点登録に必要なマーカードロップとお気に入り、連絡先登録について
マップに地点登録してどんどんと使いやすくなるようにしよう。地点登録は基本中の基本で、ナビゲーションの起点や終点...
iphoneの地図の方角が狂っている場合の原因と対処
iPhoneの示す方角が狂っている場合にはまともに地図が表示できないので、ルート案内などに不具合を引き起こしま...
マップでルート案内する方法
基本画面マップを起動すると以下の基本画面を表示します。基本画面の右上には、地図設定アイコンと現在地定アイコンが...
iOS10のマップアプリは最寄りのスポット検索や乗換案内ができるようになった
 マップはiOSに最初からインストールされているアップルの純正地図アプリです。レストランやコーヒーシ...