バッテリー節約のためのWiFi/BlueTooth機器の接続解除はコントロールセンターで使い分け

Wifi/Bluetoothの接続のみ解除する方法、iOS11から出来るようになりました。

iOS11で取り入れられたiPhone/iPadのコントロールセンタ画像

BlueToothをオフにせずに、接続のみ解除する

BlueToothはバッテリーを多く消費します。もしバッテリーを節約する場合は液晶表示の明るさを少し落とすか、この消費電力の多いBlueTooth機器の接続を解除する方法があります。こんな時は、いままでであれば設定画面からBlueToothをオフにするしかありませんでしたが、iOS11の場合、コントロールセンターに表示されるBlutToothアイコンでBlueToothの接続のみ解除することができます。

iOS10まではコントロールセンターの同アイコンでもBlueTooth自体をオフにしていましたが、iOS11から動作が少し変更になりました

このように動作が変更になったのは、BlueToothの他WiFiも同じです。

 

WiFiは自動接続しない

Wifiについては、一旦接続を解除しても自動接続する場合がありますが、コントロールセンターで解除した接続は、明示的にコントロールセンターまたは設定画面から再接続しない限り自動接続することはありません。ちなみに例外として翌朝5時になると自動接続する仕様になっているとのことです。

接続解除はコントロールセンターから完全オフにするには設定画面から

iOS11では、上記の例のような接続のみ一旦解除したい場合はコントロールセンターからやるのが便利です。BlueToothやWifiを完全にオフにしてしまう場合は設定画面からオフにするような使い分けができるようになりました。またWifiの場合は翌朝5時まで自動接続しないのも何気に使い勝手が良さそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました