iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhoneが見つからない場合の踏むべきステップ

投稿日:

iPhoneを落としてしまったとか無くしてしまったというような見つからない場合、その損失の大きなことで動揺しただしい判断ができなくなっているのではないでしょうか? 私も最近愛用のiPhoneをなくしてしまった経験からどのように対処しなければならなかったのか実体験を披露します。

ついに私もやってしまいました。iPhone4以来7年間つご4つのiPhoneを愛用してきたのに、どこかに置き忘れて無くしてしまいました。機種は比較的新しいiPhone7なのでまだ1年も支払いが残ってます。使えないのに機種代だけでも4万5千円も支払わなければなりません。本当にとほほでとしょぼくれてしまいます。損失はでかい!

でも、こんな貴重ば体験は誰もしていないはず。誰かの役に立てばと、私がiPhoneに対しておこなった対処方法を披露します。

iPhoneが見つからない場合の対処ステップ

落ち着いて考えれば誰でも気づく事とおもいますが、やはり直後は気が動転してしまいなかなか正しい判断ができなくなっているのと思いますので、とりあえずどうすればいいのか対処方法を考えてみましょう。

  1. どこで無くしたが場所を特定する
  2. 紛失モード
  3. 警察の届ける
  4. キャリアに届ける
  5. 情報の流出を防ぐ

1.場所の特定

これが基本中の基本ですが、どうやって無くした場所を特定するか知っていますか? 別のiPhoneがある場合、Find iPhoneというアプリを使います。今は「iPhoneを探す」という日本語のアプリ名になっています(パソコン等を持っている場合Web上からiCloud.comページにアクセスして使う事も出来ます)。このアプリは、iPhoneの今ある場所を地図上に表示してくれたり、後ほど説明しますが音を鳴らしたり、紛失モードの設定や情報露営防止のためiPhoneのデータを消去してしまう事が出来ます。

ただしこれには3つ動作条件があります。

  • iPhoneの電源が入っている事。
  • 電話回線もしくはWiFiに繋がっている事。
  • 設定アプリ上でiPhoneを探すが許可されていること(設定アプリプライバシー位置情報サービスの順にアクセス)

これらの条件を満たしていれば、アプリの表示する地図上にだいたいの位置を示してくれます。いくらiPhoneといえども正確にぴったりとした位置まではわかりません。だいたいの場所を特定したらあとは自分の行動を思い返して探すことになります。

場所を特定するにはもう一つキャリアの提供する情報を利用する手もあります。これは自分の利用しているキャリアショップに行ってiphoneを探したいと申し出て探してもらうのが一番手っ取り早いと思います。Web上でMy auページから自分でやってみる方法もありませんが、初めてつかう場合は認証する場合に携帯がないと認証できないのでそれまで何度か使っている必要があります。(キャリアで探してもらう方法は、最後に通信した基地局の情報しかわかりませんからかなり広範囲でしか判定できます。ちなみに私の場合、半径1Kmと表示されあまり役には立ちませんでした。)

2.紛失モードの設定

前項の「iPhoneを探す」アプリで場所が特定できれば、あなたはかなり運がいいです。見つかる可能性はぐーんと上がる事でしょう。いづれにしてもどこで無くしたのが記憶を思い返すのがとても重要なことには変わりありません。さてiPhoneの場所が特定出来ない場合は、とりあえずこれ以上の損失を防ぐため、以下の設定をおこないます。これはiPhoneをなくしてしまった事後でもおこなえる設定なので覚えておくべきです。

紛失モード

紛失モードの設定は、先ほど紹介した「iPhoneを探す」アプリ上から設定します。アップルではiPhoneを無くした場合、真っ先にこの紛失モードに設定するように推奨しています。紛失モードに設定すると、iPhone起動時にカスタムメッセージ(例えば、このiPhoneは落とし主が探していますのようなメッセージを表示させて、連絡先の電話番号などを表示させることが可能です。通常画面ロックを解除する際に必要なパスコードを設定していると思いますが、もしパスコードを設定していなくても新たにパスコードを設定することも出来ます。これが最も重要かもしれませんが、最近はiPhoneにクレジット情報等を設定していますが、紛失モードにするとこのクレジット情報がオフラインでも使用停止することが出来ます。

 

紛失モードに設定するとできること(アップル公式ページより抜粋)

  • 画面にカスタムメッセージを表示できます。たとえば、紛失したデバイスであることや連絡方法などの情報を表示することができます。
  • メッセージや通知の受信時や、アラームの作動時には、デバイスでアラートの表示やサウンドの再生は行われません。電話やFaceTime通話が着信した場合も引き続き受けることが可能です。
  • デバイス上でApple Pay用に設定されたクレジットカードやデビットカードは、デバイスがオフラインでも停止されます。そのデバイスではApple Payも無効となります。ロックを解除してiCloudにサインインすると、停止したカードをデバイス上で再度使用できるようになります。詳しくは、Appleサポート記事「iPhoneまたはiPod touchでWalletを使う」および「MacBook ProでTouch IDを使う」を参照してください。

iCloud.com(https://www.icloud.com)から「iPhoneを探す」アプリの起動した場合の画面例。

警察に届ける

もし紛失したのが明らかな場合には、警察に遺失届けを提出します。本当に紛失したかどうか判断は難しいと思いますが、警察の届けるメリットもあります。もし親切な方がiPhoneをひろって警察に届けてくれた場合、警察からキャリアに連絡がまわって無くした本人に郵送で警察で預かっていることを知らせてくれます。警察に届けると「遺失届け受理表」がもらえるので、iPhoneを受け取ったりキャリアで機種交換する際にも必要となる書類なので大事に保管します。

実際に届けた遺失届け受理表

遺失届け受理表

キャリアに届ける

iPhoneを無くした場合にはやはり契約しているキャリアに届けましょう。キャリアではなくしたiPhoneの探索に協力してもらったり、これ以上を損失が広がらないように適切なアドバイスがもらえます。一番の方法は、電話やネットの一時停止措置です。もし万が一にiPhoneの画面ロックが解除されてもこの措置により出費することはありません。

情報の流出を防ぐ

もうこの段階では、ほぼ見つからない状況なので個人情報に流出を防がなければなりません。今入っているiPhoneのすべてのデータを消去します。これも前述した「iPhoneを探す」アプリ上からおこないます。ただこの操作をするとiPhoneの内容が全部消去されると同時に、「iPhoneを探す」ことができなくなってしまいます。これはかなりの空極の決断になりますので慎重に実行をしなければなりません。

なくしたiPhoneには利用停止届け!

なくしたiPhoneのキャリアとの契約はどうしたらいいのでしょう?

基本的には、機種代などの残金は引き続き支払い続けなければなりません。一括で払ってもいいのですが、キャリアに「利用停止届け」を出す事によって電話代やパケット代を支払わずに、iPhoneを裸の状態にして残りを分割で支払っていくことは可能です。利用停止届けは、解約せずに電話番号をそのまま預かってくれるシステムなので、復帰させることも可能で最大5年間(auの場合)停止できます。利用停止にするには、情報保管料として,毎月372円。事務手数料として2,000円(1回のみ)が必要です。

 

 

利用停止届けには落とし穴が…

実際に手続きをしてわかったことですが、利用停止にするとiPhoneの下取りをしてもらって新機種の機種代に毎月充当していウォレットポイントが使えなくなってしまいます。iPhoneの機種代のみを払う場合、当然毎月割などの割引サービスも無効となるので機種代はずいぶんと高い物になってしまいます。その上、前のiPhoneの下取り代金まで無効となってしまうのは非常に痛いですね。

 

 

結局、使っても使わなくても毎月の支払いはあまり変わりない!

今まで毎月の支払いは7,000円ぐらい。今度無くしたiPhoneの毎月の支払いは、128GモデルのiPhone7なので、4,500円ぐらい。これにさらに新しいiPhoneを加えるとどのくらいになるのか?ものすごく頭が痛くなってきました。これまでiPhoneにキーホルダー型のクリップでポケットに縛りつけていたのですが、今回別のアクセサリーをつかっていたがためポケットからいつの間にか落としてしまったようです。iPhoneは年々高くなっています。くれぐれもなくさないように配慮してつかってください(教訓)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Loading
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方 - BGM挿入編
iMovieでする動画編集のBGM挿入編です。iMovie2.2.4でBGMを付ける!iMovieでもBGMを...
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方
iMovieだけで、タイトルやテロップなどを挿入したりハリウッド映画の予告編みたいな動画も作成できる。iMov...
IMEIからいろんな情報が取得できるよ。特にオークション利用者必見!
IMEIによって調べることができる情報IMEIは世界中のモバイルデバイスを識別できますが、その番号から得られる...
あなたの訪れた場所をリアルタイムに記録 - Googleタイムライン
前回、iPhoneをなくした記事を書いた折、アップル標準の「iPhoneを探す」アプリのことを書きましたが、最...
iPhoneの修理および「Apple Care+ for iPhone」について
液晶が割れてしまった場合に「AppleCare+ for iPhoneiphone」を使うと修理料金が安くなり...