iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

あなたの訪れた場所をリアルタイムに記録 – Googleタイムライン

投稿日:

前回、iPhoneをなくした記事を書いた折、アップル標準の「iPhoneを探す」アプリのことを書きましたが、最後の位置を特定するのに一番役に立ったのが「Googleタイムライン」。

ちょっと置き忘れた程度なら「iPhoneを探す」アプリも対応可能だが…

「iPhoneを探す」アプリは基本的に今ある位置しかわからない。電話回線やWiFiの実際に呼び出してみてGPS情報を参照しているに過ぎないからです。もし電波が通じなかったり、電源が切れている場合は何の役にも立ちません。つまり自分の家の中にあるかどうかぐらいしか確認できません。この場合大概は、電話を掛けてみれば音がなるのでわかるのでこちらの方が簡単。

Goolgeタイムラインは最後に訪れた場所がわかる!

Googleタイムラインは、Google Mapsの一部の機能です。GoogleMapsは、マルチデバイスに対応した地図アプリです。日常的な使用用途としては、近所のお店を探したり、訪問場所へのナビに使うことができますが、あまり知られていない機能としてGoogleタイムラインがあります。Googleタイムラインは訪問した場所をリアルタイムに記録してくれる機能で、過去にさかのぼって何月何日どこにいったけというような問題を解決してくれます。

Googleタイムラインを利用するには

Googleタイムラインは、GPSのついたモバイルデバイス上でGoogleMaps(https://www.google.com/maps)を開き、記録したいユーザーアカウントでログインを済ませておきます。

Googleアクティビティ管理(https://myaccount.google.com/activitycontrols)を開き、ロケーション履歴をオンにする

モバイルデバイス上で上記の2つを実行していれば、即座に記録を始めてくれます!

記録の状況を確かめるには

Google Maps(https://www.google.com/maps)を開き、左上のボタン(3本線のあるボタン)をクリックし、表示されたメニューの中ほどに、「タイムライン」があるのでこれをクリックして実行してください。

 

履歴が記録されている場合は、以下のようなタイムラインパネル上に日付毎の棒グラフが表示されています。

実際にルートを表示した例)
地図上にはルート表示が画面左側にはその詳細が表示できます(データの性格上、ぼかしをいれています。なんとか雰囲気だけわかるんではないかとあえて表示例を載せています。)

iPhone紛失時の場所の特定にはこれが一番役に立った!

iPhoneを探そうと思った時、やっぱり最後どこにあったかわかるのが非常に便利でした。これは「iPhoneを探す」アプリでは不可能です。Googleタイムラインの上記の手順でログインとロケーション履歴を一度オンにすると、常時記録しているので最後の場所が特定できます。iPhoneを紛失して約1か月、実際に役立てる事はできませんでしたが、皆さんのお役には立てたかもと思います。万が一にそなえてタイムラインの設定をしておいて損はありませんよ。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

Loading
フィルタを追加»iPhone 8iPhone X予約予約受付
スペック&価格リンク
【iOS11】よくわからない「運転中の通知の停止」の動作と設定方法
iOS11を搭載したiPhoneは運転を自動的に検知し、通知を停止してくれる機能が付いた。よくわからないので調...
改訂「Apple Care+ for iPhone」の購入および修理代金! - iPhoneXは22,800円
液晶が割れてしまった場合に「AppleCare+ for iPhoneiphone」を使うと修理料金が安くなり...
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方 - BGM挿入編
iMovieでする動画編集のBGM挿入編です。iMovie2.2.4でBGMを付ける!iMovieでもBGMを...
誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方
iMovieだけで、タイトルやテロップなどを挿入したりハリウッド映画の予告編みたいな動画も作成できる。iMov...
IMEIからいろんな情報が取得できるよ。特にオークション利用者必見!
IMEIによって調べることができる情報IMEIは世界中のモバイルデバイスを識別できますが、その番号から得られる...