iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

新機種早く交換したい!支払い免除のアップデートプログラム/(a)/EX/EX(a)はなぜ4つも存在するのか?

投稿日:2017年10月25日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

残った支払いを免除するauのアップデートプログラムが、最近になって種類が急激に増えて最大4種類にもなっている。必要があるからとは思うが、こんなに複雑になる意味がわからない! そこでこの4つの違いについて調べてみた。

アップデートプログラムはなぜ4つにも増えた?

急激に増えて4つにもなった原因には2つある。1つはiPhoneXの登場によって機種代金はあまりにも高額のため48回の長期分割払いを採用することになったため。2つ目は、最近新規に増えた「auピタットプラン」と「auフラットプラン20/30」に対応するため。

先この2つの原因により、増えた3つのアップデートプログラムのうち、1つが48回長期分割払い対応であと2つがiPhone専用プランだ

  1. アップデートプログラムEX ー 48回長期分割払い対応!
  2. アップデートプログラムEX(a) ー iPhone専用プラン1
  3. アップデートプログラム(a) ー iPhone専用プラン2

この記事の読者にはまだ「auピタットプラン」をまだ知らない方もいると思います。「auピタットプラン」は5段階の定額制のプランで以下を詳細を記述してあります。

また、「auフラットプラン20/30」は5段階の部分をなくして料金をリーズナブルにしたものですが、こちらは

を参考になるでしょう。

 

それぞれの違いについて

アップデートプログラム

これは従来からあったプログラムで、新規購入/機種変更と同時にこのプログラムに加入し、毎月300円のプログラム料で24回払いのうち19か月目(購入月を1か月目とすることから実際は18回目の支払)から24回目の最大7ヶ月分の支払いを免除するプログラム。最短13ヶ月目から利用できますが、12ヶ月分のプログラム料+前倒し利用料として2,000円が必要となります。結局このアップデートプログラムに加入することによって最短で1年毎に新機種に交換することが可能となります。

指定機種と対応する料金プラン
このアップデートプログラムは、最新のiPhoneXも指定機種で「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」も対応していますが、iPhoneの場合のみ「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」は適用外となってます。こちらはアップデートプログラムEX(a)で対応しています

「アップデートプログラム」の公式参考ページ

 

アップデートプログラムEX

48回の長期分割支払いに対応したプログラム。指定機種は、iPhone(iPhoneXも含む)およびAndroid機も対応可能。機種購入時に48回払いを選択し、24回分の機種代金と毎月のプログラム料を支払うと、残りの24ヶ月分の支払いが免除されるプログラム。加入出来る料金プランは、「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」のみです。

アップデートプログラムEXの支払いイメージ

アップデートプログラムEXの支払いイメージ

 

指定対応機種は

「アップデートプログラムEX」の公式参考ページ

アップデートプログラムEX(a)

アップデートプログラムEXの24回分割支払い版がこのアップデートプログラムEX(a)となります。このプログラムは、iPhone7/7Plus/8/8Plus/SEの専用プランです。加入出来る料金プランは、「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」のみです。

アップデートプログラムEX(a)の支払いイメージ

アップデートプログラムEX(a)の支払いイメージ

※アップデートプログラムEX(a)の毎月のプログラム料は390円ですが、2017年12月31日までに加入するとキャンペーンで無料となります。

アップデートプログラム(a)

アップデートプログラムのiPhone8/8Plus専用プランで、加入対象の料金プランが、とデータ定額5/20/30の組み合わせに限定されます。内容は、アップデートプログラムから改訂されて、機種変更時に24回分割払いで購入すると分割支払金残額(最大12カ月分)が無料となるプログラムです。

アップデートプログラム(a)の毎月のプログラム料は必要ないようだが、スーパーカケホ(a)の基本料金が2,390円となっており通常よりも690円高くなっています。こちらは以下の公式参考ページにて確認してください。

「アップデートプログラム(a)」の公式参考ページ

まとめ

一応、このようにまとめてみましたが頭の中はぐちゃぐちゃぼろぼろ。なんでこんなにも複雑にするのかわからない。本当のところ、アップデートプログラム自体の存在価値が疑われる。アップデートプログラムを利用するには、毎月の料金にいくらか加算した上にそれまでつかっていたiPhoneを回収される。もしiPhoneが故障している場合は20,000円(不課税)を別途請求される。アップデートプログラムを利用して機種変更した後も、別のアップデートプログラムに再加入しなければならない。どこかで区切らない限り永遠と続く!

2年縛りの次はもしかしてiPhoneで縛り付ける腹なのかもしれない! あぁ恐ろしい2重に縛り付けられたら逃れる手はないかもしれない。


スポンサーリンク







当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク




トップへ戻る