iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

Face IDが誤認識! それは間違った学習をさせてしまったかも?

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhoneXに搭載されているFace IDの誤認識率は、100万分の1。なぜかFace IDが誤認識する。それは間違った学習成果かもしれない!

Face IDの精度と学習機能

iPhoneXのFace IDの精度は非常に高い。これまでに搭載されていた指紋認証(touch id)が5万分の1なのに対してFace IDは100万分の1。たとえ双子であってもちゃんと識別してくれます。ただこれだけ精度が高いと本人であっても認証できない場合もあります。例えば、ちょっとヘアスタイルをかえたり、女性の悩みどころのすっぴんの素顔とか。いろんなシチュエーションが考えられます。これではあまりにも不便なので、Face IDには自動学習機能がついています。この自動学習で顔認証の精度を実務的に高めることができるのです

間違った学習成果

この自動学習のさせ方によっては全くの別人も本人として認識してしまう場合があるようだ。

それは、

別人を一度Face IDで認証し失敗した直後に、パスワード入力で認証を継続した場合この別人の顔のデータを本人として登録してしまう事。

 

これは案外やってしまう過ちで、軽率にパスコードで認証を継続させてはならない。

もし、明らかに誤った学習をさせてしまった場合は、個々にデータを削除することができないので、設定アプリを起動し「Face IDとパスコード」で”Face IDをリセット”をしなけれならない。
Face IDをリセット

参考!Face IDをリセット

 

スポンサーリンク







当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク