iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhone家族は、これを見て今すぐ『ファミリー共有』を設定すべし!

投稿日:2018年9月25日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

ファミリー共有の設定はそんなに難しくない。無駄なものは無駄…家族で共有できるものは共有するように『ファミリー共有』を設定だ!


ファミリー共有にできること

ファミリー共有をすると下記の事ができます。

  • 家族6人(本人+家族)まで登録可能
  • iTunes,AppStore,iBooksで購入したコンテンツ・書籍を共有
  • Apple Musicのファミリープランを共有
  • iCloudストレージプランを共有
  • 家族共有アルバムを作成
  • 家族カレンダーを作成
  • 家族の位置情報を共有設定可能
  • 子供のスマホ管理(使用時間制限、アプリ制限、コンテンツ制限、位置共有、レポート)が可能※1

※1:子供のスマホ管理機能は、iOS12で搭載されたスクリーンタイム機能により実現。

ファミリー共有実行環境

下記の環境下ならファミリー共有が可能です。

  • iOS 8 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch、または OS X Yosemite 以降を搭載した Mac

設定環境

ここで使用する画像や説明は、下記のバージョンのものです。バージョンが異なる場合は、説明の内容は画面イメージが異なる場合があります。

iOS12

iPhone6s

事前の準備

ココでは、ある家族の父親が保護者となって、妻、子供をファミリー共有する場合を想定して説明します。

事前の準備としては、この父親のAPPLE IDのアカウントには、クレジットまたはデビットカードの支払い登録がされていることが条件になります。またこれとは別に、「承認と購入のリクエスト」をおこなう場合の保護者は、父親である必要はなく大人として登録している妻も保護者になれますが、とくにこちらは支払い登録の条件はありません。

ファミリー共有する場合の登録はすべてApple IDを使用します。アップルの規約では13歳以下の子供はApple IDを取得出来ないのですが、ファミリー共有する過程で、13歳以下のApple IDが特別に作ることができます。

さて、準備ができたところでさっそく『ファミリー共有』の設定をしていきましょう!

ファミリー共有の設定

iPhoneのホーム画面より設定アプリを起動し、先頭の自分の名前をクリックします(画像左)。画面下側に、今回使用するファミリー共有を設定メニュー画ありますので、これをクリック(画面中)。初めての場合は、ファミリ共有のスプラッシュウィンドウが表示されます(画面右)。

iOS12では、ファミリー共有の対象として

  • iTunes&App Storeの購入
  • Apple Music
  • iCloudストレージ
  • 位置情報の共有
  • スクリーンタイム

の以上5種類があります。次の画面では、どれを共有するのかを選ぶ画面になります。とりあえず、一番上にある「iTunes&App Storeの購入」を選択して次に進みます(画面左)。これは後からでも追加できますから。画面中はたんなるIDの確認画面なので、単純に”続ける”ボタンを押してください。最後の画面も特に問題ありませんので、ここも”続ける”ボタンですね(画面右)。

ここは、ファミリー共有のメンバーを追加していきます。ファミリーメンバーを招待ボタンを押してください(画面左)。次の画面ではそのまま「ファミリーメンバーを追加」ボタンを押します(画面中

画面右で、招待する方法を指定します。招待方法は、

  • iMessageで登録を依頼
  • 直接会って登録を依頼
  • お子様用のアカウントを作成

がありますが、真ん中の「直接会って登録を依頼」が一番簡単な気がします。相手が子供だったりわからな場合もありますので。。。

「直接会って登録を依頼」をクリックして次に進みます。

ここで3番目にあるように、13歳以下の子供専用のアカウントをつくることができます。ここ以外で13歳以下の子供のアカウントは作れませんので、これまで親のアカウントを代用しかありませんでしたが、子供専用のアカウントをつくって、持たせましょう。子供用のアカウントの作り方は後述み。

ファミリー共有に追加するメンバーのApple IDとパスワードを入力してください(画面左)。アカウントとパスワードを入力するとメンバー側のiPhoneにサインイン許可の通知が表示されますので、通知をクリックし許可をしてください。許可をすると、Apple ID確認コード6桁を表示しますので、これを2ファクタ認証値として入力してください(画面中)。

次の画面の単なる確認ですので画面右上の”次へ”クリックして進みます(画面右)。

利用規約への同意画求められますので、同意するを選んで次ぎへ(画面左)。これで無事メンバーの追加ができたと思います。最後にメンバーが追加されたことを確認して終了です(画面右)。

  • 画像を拡大表示する

  • 画像を拡大表示する

    ください。

子供専用アカウントの作成

前述のとおり、子供専用のApple IDはここでしか作れません。親のアカウントを代用するよりは子供専用のアカウントを作って持たせましょう。

それでは子供専用アカウントの作り方を説明します。

入り口は、iPhoneの設定アプリ画面からです。ファミリー共有をした場合と同じで設定画面の一番上部にある自分の名前を選択してください。画面の例では既に4名登録されてますので、5番目に子供のアカウントを追加しようとしています。既登録者の下にある”ファミリメンバーを追加”ボタンで追加します(画面左)。

ポップアップしたウィンドウから”お子様用アカウントを作成”を選びます(画面中)。

ここで作ったアカウントは、画面のとおり、「承認と購入のリクエスト」機能をつかってコンテンツやアプリの購入時に保護者から許可を得る必要があります(画面右)。

誕生日を西暦で入力します。この誕生日で子供かどうか判定しますので、正しく入力してください(画面左)。「保護者の同意プライバシー」に同意します(画面中)。クレジットカード裏面のセキュリティコード3桁を入力します(画面右)。

子供の名前を入力しましょう(画面左)。ここは愛称でも構いません。呼びやすいニックネームがいいかもしれませんね。たとえば、~チャンのiPhoneだよ!とか。

子供のためのApple IDを決めて入力してください(画面中

次は確認ですから、今入力したIDを確かめて”作成”ボタンを押してください。

子供のApple IDに設定するパスワードを入力します(画面左)。画面に説明があるように、パスワードに使う文字は、半角英数で必ず数字と大文字が入るように8文字以上で入力してください。

もしパスワードをわすれた場合の秘密の質問を質問1~3の3つ入力します(画面中)。

承認とリクエストはほとんどの場合、このままオンにしておいてください(画面右)。

質問の答えの入力のしかたですが、これから長いiPhoneライフでいつ使うかもわかりません。細かい事は覚えていませんので、すべてひらがなに統一するというような簡単な決めごとをして入力することをおすすめします。

もし、わからなくなった場合は、アップルのサポートに連絡してください。電話なら、ひらがなですかカタカナですか、漢字ですかまでは聞いてきませんので、答えさえあっていれば確認をしてくれます!

次は、「承認の購入のリクエスト」利用規約の同意してください(画面左)。無事登録できると画面右に例示したファミリー共有画面が表示されますので、わかる方はこのまま設定を継続してもいいですし、わからない場合はこのまま設定画面を終了してください。

  • 画像を拡大表示する

    承認と購入のリクエストに同意書を表示した画面

    承認と購入のリクエストに同意します

  • 画像を拡大表示する

    アカウントの追加が完了した画面

    アカウントの追加が完了

メンバーを削除する方法

入り口は、これまでと同様設定アプリの一番上のお名前をクリックします(画面左)。次も同じく表示された画面下側にある”ファミリー共有”を選択します(画面中)。

削除するメンバーを選んでください(画面右)。

メンバーの詳細画面が表示されます。この画面の一番下に赤字で”~さんを削除”というボタンがありますので、これをクリック!(画面左)。

確認画面が表示されますので、確認してください(画面中)。

  • 画像を拡大表示する

    メンバーの詳細画面の表示

    削除を選択

  • 画像を拡大表示する

    削除確認ポップアップを表示している画面

    削除確認をします

13歳未満の子供は削除できません

子供を削除しようとすると、”13未満のお子様はファミリーから登録解除できません”と表示され削除することが出来ません。

親/保護者を増やす

ファミリー共有の仕組みの中には、子供が有料/無料にかかわらず何かを購入しようとし他場合に、親/保護者に許可を得る「承認・リクエスト」というしくみになっています。ファミリー共有の管理者である父親に承認を得ることはなりますが、大人であれば親/保護者になることができます。親/保護者として登録する手順は以下の通りです。

これまでと同様”ファミリー共有”を選んでメンバーを表示します(画面左)。

次に親/保護者として登録する大人のメンバーを選択してください(画面右)。

  • 画像を拡大表示する

    ファミリー共有ボタンが」表示されている画面

    ファミリー共有を選ぶ

  • 画像を拡大表示する

    メンバー一覧を表示した画面

    親になるメンバーを選択

メンバーの詳細画面に、親/保護者という項目の表示と右端にオン/オフのスライドバーがありますので、これを右側にスライドさせオンに設定します(画面左)。スライドバーが緑色に表示されたことを確認して終了です(画面右)。

  • 画像を拡大表示する

    親/保護者の項目表示とスライドバーを表示した画面

    スライドバーをオンに

  • 画像を拡大表示する

    スライドバーがオンに表示された画面

    オンになったことを最終確認

複数の親が存在する場合の承認/拒否の動作

 

子供からリクエストがあると親には通知が表示されます。これをクリックするとアプリの場合はアプリのダウンロード画面と上部に”拒否”と”入手する”という2つのボタンが表示され、どちらかを選ぶことになります。

親が複数いる場合は、同時に配信され先に返事した親の内容が優先され子供に通知されます。もう一方の親のiPhoneからは通知そのものが削除されます。

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る