iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

ホームボタンのないiPhoneの操作方法

投稿日:2018年10月9日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhone XやXSなどのiPhoneにはホームボタンがありません。そのためこれまでのホームボタンを中心として操作方法がかなり違うものになりました。どのように変わったかおさらいしてみましょう。

操作方法が一変! ホームボタンのないiPhone
操作が一変!
ホームボタンのないiPhone

これまでのホームボタン中心のiPhoneオペレーションが変わった!どのように変わったのかおさらい

表示中の画面により操作がかわるもの

一番多用されている操作が”画面一番下から上へのスワイプ”。これはロック中、アプリケーション表示中、ホーム画面表示中など現在表示している画面によって動作が違う。ロック中はロック解除の機能ですが、それ以外はいずれもホーム画面に戻るという機能代わり当てられています。

サイドボタンの役割

サイドボタンの役割は、これまでホームボタンが担っていた機能の一部が割り当てられています。たとえばSiriの呼び出しは、サイドボタンの長押し(これまではホームボタンの長押し)、iPhoneをオンにするのもサイドボタンの長押しとなっています。

強制再起動の操作は特別

強制再起動はあまり使いたくはない機能ですが、iPhoneでも結構頻繁に使用します。ホームボタンがあるiPhoneでは、ホームボタンをサイドボタンをアップルマークが出るまで押しっぱなしでしたが、ホームボタンのないiPhoneはやり方がかなり違うことに注意しましょう。

アクションが3つに分かれています。

  1. 音量を上げるボタンを押す
  2. 音量を下げるボタンを押す
  3. アップルマークがでるまでサイドボタンを長押しする

最後に、ホームボタンのないiPhoneの操作を一覧表にしましたので参考にしてください。

項目 操作
iPhoneをオンにする サイドボタンを長押し
ロックを解除する 画面の一番下からスワイプ
アプリケーション一覧の表示 画面の一番下からスワイプし途中で指を止める
アプリケーションを閉じる アプリケーション一覧から閉じるアプリケショーンを上にスワイプ
ホーム画面に戻る 画面の一番下からスワイプ
アプリケーションを切り替える 画面の一番下を左から右にスワイプ
コントロールセンターを開く 画面に右上隅を下にスワイプ
通知センターを開く 画面の一番上から下にスワイプ
スポットライト(検索)を開く 画面中央から下にスワイプ
Siriを呼び出す サイドボタンを長押し
スクリーンショットと撮る サイドボタンと音量をあげるボタンを同時に押す
強制再起動 音量を上げるボタンを押す
音量を下げるボタンを押す
アップルマークが表示されるまでサイドボタンを長押し
iPhoneをオフにする スライドボタンが表示されるまでサイドボタンを長押しする

 

以下の動画にホームボタンのないiPhoneの操作がわかりやすく解説されていますので、わかりにくかった場合に見てください。

 

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る