【iPhone】PC動画をアップロードする簡単な方法

Youtubeにアップロードすることは出来ても、iPhoneに動画をアップロードする方法はわからない。iTunesをつかわずに誰でも簡単にアップロードする方法を紹介。

動画をアップロードする!
動画をアップロードする!

PCに保存している動画をiPhoneにアップロードするのは簡単。ファイルアプリの『共有』を使おう。

本当に誰でも出来るので、どっかで聞いたことあるなぁっていう方法かも知れない。

手順1:動画はクラウドにアップしておく

アップロードしたい動画は、クラウドに事前にアップロードして置いてください。おすすめなのはやはりアップルのiCloudドライブが便利です。その他にもDropBoxなんかもおすすめです。
選択の基準は、iPhoneのFileアプリで場所としてアクセス可能なクラウドドライブにします。
現在のところ、

  • iCloudドライブ(Apple)
  • Googleドライブ(Google)
  • Dropbox(Dropbox Inc.)
  • Box(Box Inc.)
  • OneDrive(Microsoft)

が対応しています。

手順2:FileアプリでiPhoneに保存する

Fileアプリを起動して、動画をアップロードしたクラウドのフォルダーを”場所”で開いてください(画面左)。動画を指定(画面中)。共有ボタンを押して、表示された共有メニューから”ビデオを保存”を選択してください(画面右)。

ここで保存した動画は、写真のアルバムにあるビデオに保存されているのでそのまま再生が可能。またiMovie等のアプリから利用することも可能です。

誰でもできるiMovieで簡単動画編集のやり方 - BGM挿入編
iMovieでする動画編集のBGM挿入編です。


iPhoneに動画をアップするには、ファイルアプリの共有ボタンを使うのがコツ!

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました