iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhoneを近づけるだけでWiFiのパスワードを自動入力

投稿日:2018年10月25日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

友達の家に遊びにいった時など、ちょっとWifiを使わせてもらいたいという場合、面倒くさいWiFiパスワードの入力が省略できます。


iOS11以降を搭載したアップルデバイスであれば、『Wifiパスワード共有』ができます。Wifiパスワード共有は、既に接続してあるデバイスのWifi接続情報を利用して、面倒くさいWifiのパスワードを自動入力してくれる便利機能です。

Wifiパスワード共有

Wifiパスワード共有のやり方は実に簡単! 既に接続してあるiPhone等のアップルデバイスを近づけるだけ。

画像を拡大表示する
Wifiパスワード共有図

Wifiパスワード共有説明

Wifiパスワード共有する条件

Wifiパスワード共有は以下の条件を満たしていればOKです。

  • 双方のデバイス共、iOS11以降が搭載されている機種であること。
  • 双方のデバイス共、ネットワークに接続されていること。

上記の他に、連絡先に共有相手の情報が登録されていることが条件でしたが、iOS12にアップデートしたデバイスではこれは必要ありませんでした。

Wifiパスワード共有のしかた

上記の条件を満たしている場合は、まだ未接続のiPhoneに接続させるWifiパスワード入力画面を表示させてください。あとは、接続済みのiPhoneをその上にかざすだけ!

操作は、設定 → Wi-Fi →(接続先のWifiを選択)

画像を拡大表示する
未接続のiPhone

未接続のiPhone側

既に接続しているiPhoneを近づけると下記のWifiパスワード共有許可のポップアップ表示をしますので、“パスワードを共有”ボタンを選んでください。

画像を拡大表示する

以上で、パスワードが自動入力されWifiの接続出来ます。

Wifi共有ポップアップウィンドウが表示されない、なにも変化がないという場合は、接続済みのiPhone側を一度スリープ状態にして見てください。

共有可能なデバイス

iPhone以外にも、iPad、iPad Touch等のアップルデバイスも可能ですが、MAC製品も共有が可能です。Mac OS High Sierraがインストールされている必要があります。

以 上

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る