iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhoneを使いこなすためには、アプリのインストールから。

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhoneを使えるようになったら真っ先に覚えたい操作の一つがこのアプリのインストールです。iphoneのアプリには現在200万超えのアプリが登録されており、もしiPhoneでやりたい事があれば、アプリを探してインストールするのが一番。さっそくアプリのインストールについて見てみましょう。

アプリをインストールしよう!
アプリをインストールしよう!

アプリはApp Storeを起動して一発


アプリとは

アプリはiPhoneの機能を拡張するためのプログラムです。アプリには購入時にあらかじめインストールされている標準アプリ※1と自分でApp Store(アップストア)から探してインストールするアプリとに分かれています。

※1:iPhoneのカタログ上では内蔵アプリケーションと表現され、最新のiPhoneXS(iOS12)の場合、35種類が登録されています。

iPhoneのアプリなら安全

アプリをインストールする場合、以前はいろんな心配がありました。アプリを開発するのは世界中の一般のプログラマー達で、中には悪意を持つアプリを配布する人達がいました。

インストールしたハードウェア自体を破壊するようなアプリや、個人情報の取得を目的としたもの、あるサイトへ誘導するものなど、ユーザーは気がつかないままにアプリの脅威に晒されていました。いまでも配布元や素行の知れないアプリには注意しなければなりません。

アップルの配布するアプリはこんな心配は全然いりません!なぜなら、アップルはiPhoneにインストールできるアプリの配布元はすべてアップルの管理下にあるApp Storeに一元化しており、配布されるアプリのすべてはアップルがすべて審査してパスしたものだけが配布されるからです。

アプリには有料のものと無料のものがあります

アプリには無料のものと有料のものがあります。有料のものには、購入時に一定額を支払うものとゲームアプリに多いのがプレイする上で必要となるアイテムを1つずつ購入させるものがあります。ゲームでは最初無料でもこの課金制度により多額になる恐れがあるので注意しましょう。お子様に使用させる場合はこういう点で注意が必要です

また、雑誌や音楽のように定期購読という形態もあります。定期購読の場合1度加入すると自分で解約しない限り自動継続が前提ですので、定期購読の解約を忘れずにしなければなりません。

アプリ使用上の注意

  • アプリには有料のものと無料のものがある
  • アプリの課金システムに注意
  • 定期解読は自分で解約しなければならない

子供の場合は、ファミリー共有で管理

アプリをインストールする際には、必ずApple ID(アップルID)が必要です。Apple IDは、iPhoneの初期化時に作成したものでもかまいませんし、App Streoでアプリをダウンロードする際に作ることもできます。子供の場合には、Apple IDが作れませんのでファミリー共有を利用すると便利です。ファミリー共有したiPhoneであれば、子供が購入する場合でも「承認と購入のリクエスト」という仕組みを利用して、購入・課金をコントロールすることができます。

ファミリー共有については下記の記事を参照してください。

ファミリ-共有には別のメリットもあります。親が購入したアプリは、家族6人まで無料で使えます。この機会にぜひ導入してみてください。

アプリのインストールの方法

App Storeの起動

iPhoneの場合(iPadも一緒)、前述したようにアプリはApp Storeよりインストールします。App Storeは、以下のアイコンをホーム画面より探してタップして起動します。

画像を拡大表示する

アプリの検索

App Storeを起動すると下記のような画面表示になります。アプリの最下行には、Today/ゲーム/App/アップデート/検索の5つのタブが並んでいます。起動直後は前回終了時のタブページが表示されます(左図)。上記の5つのタブのうち一番右端にある検索タブボタンを押下します。探したいアプリの名称を以下の検索タブ画面の検索欄に入力します(中図)。本例では”スケジュール帳”と入力してみました。いくつか候補に挙がったアプリの一覧が表示されますので、入手以外の部分をタップしてアプリの詳細を表示させましょう。入手ボタンをタップすると直接インストールがはじまってしまいますので注意してくださいね。アプリ詳細画面では、このアプリの説明やスクリーンイメージを見ることが出来ます。

インストールを実行したい場合は、アプリアイコンの隣にある”入手”ボタンで実行します(左図)。

確認のために、使用するApple IDのパスワードを入力します。以下の例ではTouch IDで確認するようにしていますので、ホームボタンに指を載せて終わりです(中図)。

インストール実行中はボタンの状態表示が時計のような表示になり、一回りするとインストールは完了します(右図)。

入手ボタンの表示は、有料か無料等の違いを表すためにボタントップの表示が変わります。

  • 有料の場合の例(左図)
  • 以前インストールした事があるアプリ(中図)
  • アップロードが必要なアプリ(右図)

実際の画面イメージは下記のように表示されます(iOS12の場合)。

以上でアプリのインストールは完了です。ホーム画面に戻ると今インストールしたアプリのアイコンがありますので、これをタップして起動してみてください。

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る