iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

2019年前半には5G対応スマホ登場

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

数Gbps級の超高速・大容量通信の次世代の通信プラットフォーム5Gがいよいよ2019年から始まる。あわせて米VerizonとSamsungは、2019年前半にも新たなスマートフォンを投入する。

写真はサムスンの5Gスマホリファレンス機

 

「5G」いわゆる第5世代移動通信システムは、日本ではドコモは先行して研究開発をすすめ2020年のオリンピックにあわせて商用開始、来年後半には、試験運用がはじまります。世界では1歩はやく、Verizon(ベライゾン)やSumsong(サムソン)が協力して、5G対応のスマートフォンが登場するようです。

5Gとは

202x年には2010年のトラヒックの1000倍にもなるというデータ通信量の急増に対応すべく策定中の次世代の通信プラットフォームです。10Gbps以上の通信速度と1ミリ秒の低遅延が売りです。通信速度もともかく低遅延とは端末の反応速度が劇的に速くなるということです。通信速度がはやく反応もはやいこれが5Gです。現在通信につかわれている周波数は高いところでせいぜい2.1GHzか3GHz程度ですが、5Gではさらに高い6Hzやさらにミリ波と呼ばれる28GHzあたりを使用します。周波数が高ければ高い程壁などの障害物に弱く、5Gスマートフォンは手で隠されるだけで電波が途切れる程です。これらを解決して登場するのが5Gスマートフォンです。

Snapdragon855

現在ハワイで開催中の「Snapdragon Tech Summit」では、クアルコムが5Gに対応するSnapdragonプラットフォームを発表。あわせて米VerizonとAT&Tが2019年前半に5Gスマホを発売することを発表。

アップルは2020年まで遅延させる

Bloombergによると”アップルはこれ以前のモバイル通信3Gや4Gと同じく、5Gネットワークへの参入も遅らせるとのこと”を報じています。iPhoneユーザとしては一刻も早く対応してもらいたいところですが、1年も遅らせる事に何の意味があるのでしょう。前述したように5G通信についてはクアルコムが先行して製品開発がすすんでおり、このクアルコムとアップルはモデムの特許料の支払いの係争で決裂したばかりです。これでアップルは自社開発するのかクアルコムと和解するかの道しかないわけですが、結局のところ原因はこんなところにあるのかも知れません。

5Gは、3Gから4Gに段階的に移行したのとは全く異なり、2019年から2020年にかけて欧米で一気に移行するとの見方もあります。アップルは最近iPhoneの高価格から最新機種であるiPhone XRの生産計画を2段階も一気に減産。iPhoneの販売不振が深い影をおとしている中、またも次世代通信への移行で遅れることが2重の足かせにならないことを願うばかりです。

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る