iMessage乗換え時の不具合は次期Vupで修正へ

iPhoneからスマートフォンの乗換えすると、SMS/MMS受信ができなくなる不具合に関し、さっそくアップルが対応に動きました。

Re/code

によると、iPhoneからiMessageをサポートしないAndroidに乗り換えた際にSMS/MMSが届かなくなる問題について、Appleが次期ソフトウェアアップデートで修正する予定である事を明らかにしたそうです。
 
imessage_アイキャッチ用
この問題は、アップルが認知しているにもかかわらず問題を放置しているとして、元iPhoneユーザが集団訴訟を模索しているとの報道がなされましたが、さっそくアップルが対応をするようです。

 

原因は、iMessageが電話番号をiCloudと結び付けているために、上記のとおりiMessageに対応しないスマートフォンではSMS受信ができなくなる。このiMessageと電話番号の結びつけを開放してやればいいのですが、アップル側ではすでにサーバーの修正を終え、次期のiOSのアップデートで残りの修正を完了するとの事です。

 
アップルは別の問題で、次期iOS7.1.2のリリースを準備中!?
最新のiOS7.1.1では、メール添付のファイルが暗号化されていないという別の不具合もみつかっており、すでにiOS7.1.2のリリース準備中とのことです。このiMessageの不具合も一緒に直るかもしれません。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました