iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhoneを自分流にアレンジするのは、『壁紙』を変更する!

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhoneを買った場合、まずは壁紙を変えて自分流にアレンジしたい。壁紙を設定するのはそんなに難しくありませんが、おさらいの意味でも通しで見てみましょう。

iPhoneの壁紙

iPhoneの壁紙は、もちろん自分で撮った写真も壁紙にすることができますが、最初は、なれるまでiPhoneにプレインストール(最初から入っている)壁紙を利用して操作を覚えましょう。

iPhoneにプレインストールされている壁紙には

  • ダイナミック
  • 静止画
  • Live

の3つの種類があり、これらから選択することができます。またこれらの壁紙は機種によっても変わってきますので、ご注意ください。今回説明に使ったのは、iPhone6Sとなります。

左から順に、ダイナミック、静止画、Liveの順です。

iPhoneにプレインストールされている画像にはとてもデザインに良い画像がありますが、それに加えてiPhoneの傾け方によって奥行きが動く視差効果を配した画像写真が動くものを壁紙に設定できるのが特徴です。

ダイナミックは、iPhoneの傾け方で立体的に見えるようにした視差効果がよくわかるような画像が入っています。

Liveは、LivePhotos画像のLiveからとっていると思いますが、ロック画面であればタッチすることで動画が再生されるような壁紙です。

静止画は、ダイナミックは視差強化を強調するような画像でしたが、視差効果のある通常のきれいな写真というような画像が納められています。

壁紙のサイズ

iPhoneは機種により画面サイズが変わります。もし自分で壁紙を用意する場合は自分のiPhoneの画面サイズに適したサイズのものを用意するのがベストですが、特にこだわらなくても壁紙として設定する場合は、自動的に拡大・縮小して設定してくれますので心配ありません。細かい線が凄く入り組んだ画像とか素材によって目立つ事があるかもしれませんが、通常はほとんどわからないでしょう。

壁紙の設定のしかた

では、iPhoneに壁紙を設定してみましょう。今回の設定は、機種は前出してiPhone6Sで、Live壁紙を設定しています。

iPhoneのホーム画面より設定アイコンを探してこれをタップします(左図、緑枠で囲んだアイコン)。表示された画像を下にスクロールし、「壁紙」という項目の右端をタップ(中図、赤枠)。「壁紙の選択」をタップ(右図、赤枠)。

「壁紙を選択」をタップすると、前述したようにiPhoneにプレインストールされている3種の壁紙タイプを選択することが出来ます。

画像を拡大表示する

ここでは、左端にある“Live”壁紙上をタップします(左図)。表示された”Live”壁紙のうち左端の嵐雲のわいたような画像を選択(中図)。壁紙が大きく表示されるとともに、表示の詳細を決定します。左から静止画/視差効果/LivePhotosの3つです(右図)。これらのどれを選んだらいいのでしょう。もっともシンプルに静止画ですか? 真ん中の視差効果は、iPhoneの傾け方で背景が微妙に動きますので、目が回りそうという方がいますのでそういう場合は、選択しない方いいでしょう。また、古い機種ですと描画が手の動きにあわずもっさりとした動きとなってかえって見づらくなる場合はありますので、こういう場合も選択はしません。最後のLivePhotosを選ぶ場合は、ロック画面表示中に画面を強く押し込んだ場合に画像が動きます(ロック画面以外は動きません)。ペットのかわいい動作や自分の子供の笑った顔なんか瞬間的に癒やされそうな動画再生をするといいと思いますね。

どれを選ぶかは、実際に試して見てください。

以上で壁紙の選択が完了です。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/
Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

Categories

open all | close all

>>>基礎編

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る