次期iPhoneのカメラは四角形に格納

あいついで次期iPhoneに対応するケース画像がリークされています。次期iPhoneのカメラはデュアルまたはトリプルレンズで、どのようなデザインになるか楽しみにしていましたが、どうやら四角形となる見込みです。

Twitterに流出したケース画像

最近流出したケース画像2つを紹介しましょう。1つは、この手のリーク情報を数多く流出させているSonny Dickson。自身Twitterにケース画像を掲載していいます。画像のコメントをみると、サイズが6.1インチと6.5インチのケースで、背面のカメラ部はどちらも四角いエリアに収まるようになっています。デュアルレンズでもトリプルレンズでもどちらも同じデザインになるということですね。

Sonny Dicksonケース画像

もう一つの画像もまた、Twitter上で見つけたものですが、ロサンゼルスのMark Gurmanで、主にブルームバークの情報を主としてリークしている人物です。

こちらは、3種類のサイズの画像になっていますが、ケースを作成する金型のようにみえますが、カメラ部の四角形の出っ張りの位置やサイズがずれていてたんなるレンダリングした図形のようです。

画像を拡大表示する

Mark Gurmanリーク画像

両方のリーク情報からみると、次期iPhoneのデザインは、背面のカメラが四角となるのが確定のようです。

以上

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました