iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

【iPad】キーが邪魔、カーソル移動/文字選択など操作キーボード応用編

投稿日:2020年1月4日 更新日:

Posted By:タロイモ(管理人)

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
キーボードに隠れて文字が見えない、カーソルを移動したい等のiPadのキーボードをより賢く使うための応用編!
iPadキーボード応用編
iPadキーボード応用編

Initializing...

マウスを使わないiPadでも、カーソル移動したりカーソル上の文字選択ができます。ここでは、カーソル(Iビームカーソル)を表示した状態を『トラックパッドモード』、そして文字選択状態を『範囲指定/選択モード』と表現します。また、iPad特有の問題ですが、画面の半分以上を覆ってしまうキーボードで文字が隠されてしまう場合、キーボードを左右に分割したりフローティング状態にして移動する方法を紹介します。

トラックパッドモード

カーソルを移動するためのモード

2本指でタッチ

キーボード上を2本指でタッチするとトラックパッドモードに移行する。トラックパッドモードではキーボードが淡色表示にかわり、画面上にはIビームカーソルが表示されます。そのまま指−を前後左右にずりずりと移動するとIビームカーソルに位置を変更することができます

スペースキーを長押し

スペースキーを長押ししてもトラックパッドモード※1に移行する

※1:トラックパッドモードは上記と同じ。

範囲指定/選択モード

トラックパッドモードから続いて範囲指定/選択モードに移行することができる。トラックパッドモードではカーソルがI(アイ)ビーム状になっているが範囲指定選択モードになると上下に小さな丸が加わる。2本指でタッチしている場合はそのまま継続するかもしくは一度指を離してからもう一度タッチすると範囲指定/選択モードに変わる。スペースキー長押しでトラックモードにした場合はさらに別の指でパットをタッチすると範囲指定/選択モードに変更することができる。

フローティングキーボードの指定と解除

iPad のキーボードはしばしばテキストを隠して見えなくなる。そのような場合はキーボードをフローティングにする。フローティングするにするにはキーボードの絵柄のキー(以下キーボードキー)を長押しし表示されるポップアップメニュー※2からフローティングを選択する。 すでにフローティング状態となったキーボードを元に戻すには、キーボード上を二本指でピンチアウトすると元に戻る

※2:図2に表示されているポップアップメニューを参照!

キーボード分割

キーボード分割を使うとキーボードが右側と左側に分かれて入力がしやすくなる注3。 これも上記と同じようにキーボードキーを長押しし表示されたポップアップメニューから“分割”を選択する。これを解除するには、もう一度キーボードキーを長押しし“結合”を選ぶ。

注3:図1に分割されたキーボードの状態があります。

キーボードが書類を隠して見えない場合

キーボードは固定解除して上下に移動することができる。固定解除するにはキーボードキーを長押し“固定解除”をタップする。解除するには同様にキーボードキーを長押し“固定”を再度タップする。

画像を拡大表示する
図1:キーボードを分割した状態
画像を拡大表示する
図2:キーボードの分割を解除する場合
画像を拡大表示する
図3:フローティング状態のキーボード

以上

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\ここからでも、当ブログの新着記事にアクセスできます!/ \この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Loading
フィルタを追加»iphone11ios13予約予約受付

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>ipadニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

iphoneミステリアスロゴ

iPhone歴10年。筆者が教える知らなきゃ損な使い方とおすすめ情報を提供するブログ。

 With モモ

nickname:タロイモさんってよんでね!

お問い合わせ:お問い合わせページより
応援いただける方は以下のボタンをプチっと
トップへ戻る