アップル、6月のWWDC2020をオンライン開催

アップルは、今年のWWDC2020はオンラインで開催することが決定しました。
wwdc2020開催告知のバナー画像

昨日、3月にも開催されるiPhone SE2発表会は中止になるという記事を掲載しました(こちらの記事)。同時にWWDCの不安についても書きましたが、やはりWWDC2020世界開発者会議についても、例年のように大々的に一同に介しておこなうのではなく、オンライン形式での開催を決定したようです。

アップルの発表によると

今年で31年目となるWWDC 2020は、これまでにない完全に新しいオンラインでの開催を採用し、個人ユーザー、プレス関係者、ソフトウェア開発者、それぞれの皆さまにコンテンツ満載でお届けする予定です。

これはまぎれもなく、新型コロナウィルスの蔓延防止のためで、今年だけなのか今後続くのかはアップルの発表内容からはわかりません。ただ、WWDCは単なるiOS14の発表の場だけではなく、基調講演のバックグランドでは、集まった開発者向けに何十ものセッションが1週間かけておこなわれています。これがすべてなくなりオンラインでの情報提供で済むのかどうか?

アップルはその他にも、日本のアップルストアを含めて世界中のアップルストアが3月27日まで休業しています。

「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。

やはり、新型コロナウィルスはかなり引きずりそうですね。日本人としては、東京オリンピック開催が危ぶまれて、心配でならなくなりましたね。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました