なるほど、WWDC2014は秘密のセッションばかりだ

今年開催されるアップルのWWDCでは、奇妙なセッションタイトルばかりだとの情報を得たので、実際に調べてみた。これらは新製品発表のためなのか?


iPhone Maniaさんが「アップル、WWDCの奇妙なセッションタイトルは新製品のリリースのためか?」との記事を掲載していましたので、自分でも調べてみました。

WWDCのスケジュールを見られるアプリ「WWDC」というのがある。これはAppStoreから無料でダウンロードが可能。このアプリでは、WWDCのスケジュールや過去のイベントのビデオなんかを見ることができます。

以下は、WWDC2日目のセッションスケジュールを2ページ分のハードコピーですが、赤枠で囲んだように、セッションタイトルに「No Comment」「 Can’t Tell You Yet」「It’s Under Wraps」「Still Our Secret」「You’ll Find Out a Few Days」等々、まさしく秘密のセッションがずらっと並んでいます。これが新製品発表のためのものかどうかはわかりませんが、例年にない多さだという。アップルのCEOティムクックがいう「新しいカテゴリーの製品」はまだお目見えしていません。アップルTVなのかiWatchなのかそれともこれまでにまったく噂にもなっていない製品なのか。期待してしまいます。

20140525-044836-17316374.jpg
20140525-044836-17316188.jpg

 

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました