【WWDC2014予想】Smart Homeプラットフォームを発表?

今年のWWDC2014で発表されるかもしれない新たなSmart Home構想が浮上した。自宅のセキュリティを含めたあらゆる機器をアップルのデバイスからおこなおうとするものだ。

apple_news


昨年、日本ではSmart家電の発売が一時期紙面を賑わせた。大手家電各社は、冷蔵庫や洗濯機、エアコン等を外からスマートフォンでコントロールするように対応した家電製品を発売しました。Smart Homeはさらに一歩進めて、ホームセキュリティを含めてトータルに家中の機器をコントロールできるようになると思われます。例えば、室内にセットされたカメラや窓、ドアの施錠状態、ソーラーシステムなんかもコントロールできるようになるだろう。今でも一部のメーカーによって実現している機能があるとは思いますが、アップルが進めることにより仕様の統一化が図られ、普及しやすい状況になります。
 
外出時はもちろん、家の中でもiPhoneを使って家中の機器制御ができるようになる「Smart Home」。発表なるかどうかは定かじゃありませんが、WWDCの見所が増えました。
 
元の記事はこちら。→ Apple readying ‘Smart Home’ platform(FINANCIAL TIMES)

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました