JR東日本、auのiPadを14,000台導入

JR東日本は6月10日、auのiPad、iPad mini retinaのセルラーモデルを合わせて14,000台導入すると発表しました。

JR東日本の画像

JR東日本は、昨年5月に乗務員や駅員にiPad miniを7,000台導入を決め、運転時刻表を電子化していますが、今回バックヤードのメンテナンス部門や建設部門へアップルのタブレット端末「iPad Air」および「iPad mini Retina ディスプレイモデル」の導入を決めました。

 
今回の導入の主な目的は、各種図面・マニュアル・規程などを電子化して最新の資料をタブレット端末上で見られるようにするほか、インターネットを通じて音声・画像をリアルタイムに共有することで事務所間の連携を強化することが挙げられています。
 
昨年決めたiPad mini導入はソフトバンクでしたが、今回の導入はKDDI(au)。ソフトバンクが1つ大きな取引先を失ったということでしょうか?

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました