次期iPhone6のサファイア製液晶の搭載可能性は60%等その他の噂も実現可能性を数字で分析!

iphoneニュース
もう次期iphone6の4.7インチ版については、モックアップ/流出画像等でほぼ確定したような状況です。ただ、その確定した情報の多くはデザイン等外見上に限られており、サファイアが4.7インチ液晶に採用されるかどうか等の詳細スペックについては確定にいたらない面が多い。それらの個々の噂の実現性をパーセンテージで解析してみた。
これは、フランスのNowhereElseが公開していたのが非常に興味深かったので取り上げてみた。NowhereElseは、同じくiphoneの情報に詳しいiDownloadblogの協力で作成した。  

4.7インチiphone6の噂の実現可能性

4.7インチ版およびデザインは、それぞれ100%と95%でありほぼ間違いなしの状態だが、サファイアガラス製フロントパネルが60%やリアカメラが現行の8M以上になる可能性が55%等興味深い点は多い。  
100%:4.7インチスクリーン 95%:超スリムのiPod Touchのようなデザインを採用 85%:改良され、耐久性がアップするTouchIDセンサー 80%:現行の1GBより大きなRAM容量 75%:1704×960ピクセルの高解像度ディスプレイ、インカメラの画質向上 60%:サファイアガラス製フロントパネル 55%:現行の800万画素より大きな背面カメラ 50%:2GHz以上のクロック周波数で動作するA8プロセッサー 45%:カメラに光学手ぶれ補正搭載、バッテリー持続時間の改善 40%:ストレージ容量128GBのモデル 25%:Dynamic hapticフィードバック(タッチで振動する) 20%:ワイヤレス充電、NFC搭載 10%:背面のAppleロゴが光る
  iphone6の噂の実現度
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました