新型iphone発表から10日、販売シェアトップはソフトバンク。

新型iphoneを発売してから10日経過しました。家電量販店のレジ集計ではソフトバンクがトップで、43.2%でした。


9月29日、家電量販店のレジ集計をしているBCNランキングがiphone発売後のが販売数を発表しました。トップはソフトバンクの43.2%で、次いでauが32.5%、最下位はドコモで24.3%という結果になりました。

iphone6販売シェア

データ提供:BCNランキング
ソフトバンクとauは発売後から順調にiphoneが売れ続けているようです。ドコモの不振は、予約開始時にアップルとの調整につまづきプランの発表が間に合わないというでだしの遅れが響いているのか、それとも他2社が従来の基本プランで受け付けているのに対しドコモは新料金プラン(基本料金2,700円)しかないのが仇となっているのかも知れません。

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました