ソフトバンクも固定通信とのセット割「スマート値引き」を3月1日から、事前予約を2月4日から開始

ニュース総合
30日、ソフトバンクは東西NTTのサービス卸を利用した固定回線と携帯とのセット割「スマート値引き」を3月1日から開始することを発表した。またワイモバイルも同日から「光お得割り」を開始する。 softbank_hikariset

ソフトバンクをお使いの皆様! お待たせしました。いよいよソフトバンクも東西NTTの提供するコラボレーションモデルを利用した光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」が3月1日より開始されます。これに伴い、同社の携帯とのセット割「スマート値引き」も開始されることになりました。

ソフトバンクのスマート値引きは、携帯やスマートフォンの利用料金から最大2,000円/月、固定通信サービスの利用料金から最大1,424円/月割引となります。

SoftBank 光

「SoftBank 光」は、3月1日から開始されるソフトバンク独自の光ブロードバンドサービスの事です。これはNTT東西の光固定回線を利用したものです。利用料金は以下。

利用料金

利用料金は、1戸建てとマンションタイプに分かれ、それぞれ契約期間2年間で、自動更新の有無で料金も異なります。
回線 + プロバイダ 回線種別 自動更新ありプラン 自動更新なしプラン
ホーム 5,200円 6,300円
マンション 3,800円 4,900円

スマート値引き

「スマート値引き」は、ソフトバンクモバイル契約者向けのセット割料金で、上記のSoftbank 光サービスや指定の固定通信サービスとの同時契約が必要になります。割引されるのは、携帯電話サービスの割引と固定通信サービスの割引からなります。

携帯電話サービスの割引

携帯電話サービスの割引は以下の通り契約プランによりことなり、最大2,000円/月額が割り引きとなります。
割引対象プラン 割引額
2年間 3年目以降※1
スマ放題 データ定額パック・大容量(30) 2,000円/月 1,008円/月
データ定額パック・大容量(20)
データ定額パック・大容量(15)
データ定額パック・大容量(10)
データ定額パック・標準 1,522円/月 1,008円/月
データ定額パック・小容量 500円/月 500円/月
データ定額パック(3Gケータイ)
ホワイトプラン パケットし放題フラット for 4G、 ベーシックデータ定額プラン for 4Gなど 最大500円/月※2 最大500円/月※2
※「スマート値引き」では、「家族の学割」または「のりかえ割」と併用することが可能です

固定通信サービスの割引

以下のオプション契約が必要で、個別で契約すると合計1,924円/月ですが、セットで500円/月(割引額:1,424円/月)となります。 光BBユニット Wi-Fiマルチパック ホワイト光電話(基本プラン)

ワイモバイル契約者向けには、「光お得割り」

ワイモバイル契約者向けには、同じく3月1日から「光お得割り」が開始されます。「光お得割り」は契約回線数に応じて割り引きサービスになります。
スマートフォン回線数 (スマホプランS/M/L*1) 割引額 (全回線の合計割引額)
SoftBank 光*2 (戸建住宅の場合) 1回線 500円
2回線 1,000円
3回線 1,500円
4回線以上 5,200円
SoftBank 光*2 (集合住宅の場合) 1回線 500円
2回線 1,000円
3回線以上 3,800

「スマート割」、「光お得割」の対象固定通信サービス

  • SoftBank 光
  • SoftBank Air
  • Yahoo! BB ADSL
  • SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB、Nexyz.BB)
  • Yahoo! BB バリュープラン
  • ホワイトBB
  • ケーブルライン

プレスリリース

ソフトバンクモバイルの「スマート割」の詳細は以下の記事を参考にしてください。
光回線サービス「SoftBank 光」とセット割引「スマート値引き」の提供開始について | ニュース | ソフトバンク株式会社 | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク株式会社の企業・IRページです。ソフトバンク株式会社の「光回線サービス「SoftBank 光」とセット割引「スマート値引き」の提供開始について」をご紹介します。
ワイモバイルの「光お得割」については [http://www.ymobile.jp/corporate/press/2015/0130_01.html,「SoftBank 光」とスマホのセットで月々最大5,200円割引「光おトク割」提供開始]
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました