最新「Macbook 12インチ」の分解レポート – iFixit

先日発売されたばかりの新しいMacbook 12インチの分解レポートがiFixitに登場。iFixitは有名なアップルの修理サイトで分解レポートならここですね。

macbook12 teadown 1


Macbook 12インチは3月10日に発売されたばかり。さっそくiFixitが分解しています。厚さがこれまでの最小となる13.1ミリと分解は超難解そうで、分解レポートでも修理しやすさは10段階中の1(最も難しい)となっています。

分解されたMacbookは1.1GHzストレージは256Gバイトでモデル番号はA1534。RAMはエルピーダ製、ストレージは東芝製で基盤に直づけとなっています。個人で分解してもあまり意味はなさそうなのでもし故障した場合はアップルに頼んだ方が良さそうです。

直づけされたフラッシュストレージ
Macbookから初めて採用されたForce Touchパネルの分解写真。Force Touchは、感圧式のトラックパッドで押した力の強弱で処理を振り分け可能。また押したかどうかは振動で伝えるTapicEngineを搭載したのも初めてのことです。
Force Touchパネルの分解写真
上記で紹介した写真以外にもたくさん掲載されていますので、興味にある方は以下からどうぞ。
(via iFixit)

 

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました