icloudメールに転送設定をする方法

メール
iCloudメールも別アドレスへ転送することができます。その転送設定方法を紹介します。
iphoneユーザも使っているiCloudメール。このiCloudメールはGmailと同じように転送設定が可能です。でもあまり知られていないかも知れませんね。iCloudメールの転送設定は、iPhoneだけでは設定出来ません。パソコン(WindowsもしくはMac)からWebのiCloud.comにアクセスしておこなうからです。 設定方法は以下のとおり。

iCloud.comの起動

パソコンのWebブラウザのアドレス欄に次の通り入力してください。

サインイン

サインイン画面が表示されたらお持ちのiCloud用のアカウントとパスワードを入力してログインしてください。 icloud_signin

メールの起動

サインが完了すると、下図のホーム画面が表示されますのでここからメールを起動します。メールアイコンは、iphoneと同じ画面左上にあるアイコンです。これをクリックしてください。 icloud.com ホーム画面 下図がメールのホーム画面で、転送設定は画面左下にある歯車のアイコンをクリックします。
画像を拡大表示する
メールホーム画面 歯車アイコンをクリックすると、環境設定/ルール…等のメニューが表示されますので、ルールを選択してください。なお、環境設定からもルールの設定は可能です。 メール設定画像 次の図が、ルール設定の画面で右上にある”ルールを追加”からおこないます。 ルールの定義

転送ルールの追加

ルールの追加を選択すると以下のようなポップアップメニューが開きます。 ルールの追加 ポップアップメニューには、ルールを選択/名前またはメールアドレスおよびその扱い方法の3つの項目が表示されますので、先頭のルールを選択の右端のアイコンをクリックしてルールを選択します。選択できるルールは、
  • フォルダーへ移動
  • ごみ箱へ移動
  • メールアドレスへ転送
の3つの選択肢が表示されますので、ここではもちろん”メールアドレスへの転送”をクリックしてください。メールアドレス転送をクリックすると、最下部にメールアドレス欄が追加されます。 メールアドレス転送設定画像

転送方法の選択

現在、”からのメッセージの場合”というプルダウンメニューを選択すると以下の転送方法のオプションを選択することができます。
  1. からのメッセージの場合(現在選択中のものです)
  2. が受信者の場合
  3. がCcに含まれる場合
  4. が受信者またはCcに含まれる場合
  5. が件名に含まれる場合
上記の5つの転送方法のオプションからあてはまるケースを選択し、名前またはメールアドレス欄およびメールアドレス欄を入力し、これを必要な分だけ繰り返し入力することにより転送設定が終了します。

ルールの優先順位

下図は、ルールを4つ入力し完成した状態になります。ここで入力したルールは上から順番に実行されます(優先順位)。ここで、赤枠内のアイコンをドラッグすると順番を入れ替えることが出来ます。条件が重なるような場合は、この優先順位にも気をつけてください。
画像を拡大表示する
 
ここではメールアドレスへ転送の方法を紹介しましたが、ゴミ箱へ移動することや特定フォルダーにまとめておく事も同じやり方でできると思います。このようにiCloudメールでもメール転送や移動ができるのはおわかりになられたと思います。
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました