サムスン、iPhone向け有機ELディスプレイの生産増強へ - 日経新聞

有機ELパネルの世界最王手のサムスンディスプレイは、今年年末までに韓国中部の忠清南道・湯井にある同社工場の生産設備の増強することが、日経新聞によってあきらかにされました。

samsung_factory

一昨日、2018年とされるiPhoneへの有機ELディスプレイが1年前倒しとなり、早ければ来年に発売されるiPhone7Sに、有機ELディスプレイが採用されるのではないかと噂になりました。

参考:

サムスンディスプレイは有機ELパネルの世界最王手で、サムスンエンジニアリングが同工場の生産設備の増強を2016年末までの契約で受注。2017年初頭には生産が稼動する。これは明らかに、iPhone向けの有機ELディスプレイ採用のニュースと同期したもので、アップルが本気になったということだろうか?

アップルとサムスンは特許裁判で何かと争うニュースがもれ伝わってきますが、こと部品供給の面では、サムスンといい関係を保っているようで、有機ELディスプレイの共有についてもサムスン頼りということになるかも知れないですね。

 

 

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました