次期iPhone8に3Dカメラ。さらに高度に顔認証が可能

iphoneニュース
次期iPhone8には、カメラ、赤外線照射モジュール、受信装置を搭載しずっと高度に顔認証が可能になる。 ベゼルレスとなるiPhone8(コンセプト)
i

Phone8のフロントカメラは3Dカメラ

アップルはいつも予想を超えてくる。KGI証券のアナリストMing-chi Kuoは次期iPhone8の最新情報をレポート。同レポートによると、今秋には発表となるiPhone8は、フロントカメラに赤外線モジュールを搭載し、3D空間を認識できるとのこと。 カメラはソニー製で、赤外線のレシーバーはFoxconn/シャープ製を採用し、赤外線を空間(画面側)に照射し、物体に反射したものを受信装置で読み取る仕組みのようです。 これらのフロントカメラから得られた情報は、アップルが2013年に買収したPrimeSense社の技術が利用される。
アップルが360億円で買収した「PrimeSense」の凄さが分る動画
アップルが、3Dセンサーを開発するPrimeSense社の買収を完了したと報じられています。 イスラエルに本社を置くPrimeSense社は、3D空間の物体を認識するセンサーやチップ・ソフトウェアを開発。その技術をマイクロソフトにライセンス提供し、Kinectに採用されたことなどで知られています。

高度な顔認証が可能

当ブログでは先日、カメラの高解像度化が指紋認証や顔認証がもはや役に立たなくなっているとの認識を示しましたが、カメラと赤外線レーザで平面認証ではなく3次元認証することになるとまだそう単純に見破られないかもしれません。
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました