新しいiPhoneに機種変更したらタイムラインが動かなかった!

Googleのタイムラインをご存じか? 例えば、去年の夏はどこにいったかなんていうことがGoogleがルートとともに記録してくれる機能だ。それが機種変更したら動かなくなっていた。

timelineset-07.jpeg photo

タイムラインとは

タイムラインは、Googleマップを起動して画面上部左にある3本バーのアイコンをタップするとマイプレイスともに2番目にでてくるのですぐわかると思います。タイムラインはいつどこに行ったかを大まかなルートで記録しているので、もし記録がうまくいっている場合は、下記の図のような軌跡図が表示されます。これは何日後かに自動的に消すことも出来ますが、私の場合は、別に問題ないのでずーっとのこしてあります。ところが機種変更したら記録出来なくなっていて、しかもかなり手こずったのでメモ代わりに書いておきます。

画像を拡大表示する

timeline_set-08.png photo

下記の設定前に、googleアカウントにログインしてください

ロケーション履歴の記録デバイスの設定

まず、このタイムラインのデータはロケーション履歴といいます。このロケーション履歴の記録を自分のiPhoneに設定しなければなりません。やり方は次のとおり。

googleマップを起動し、画面右側にある自分のアイコンをタップします(左図)。これは左上にある3本バーのアイコンではありませんので注意してください。必ず自分のアイコンをタップします。次に”googleアカウントにアクセス“を選びます(中図)。プライバシーとカスタマイズセクションにある”データとカスタマイズ管理“をタップしましょう(右図

アクティビティ管理にある“ロケーション履歴”をタップ(左図)。画面を下にスクロールし、このアカウントに関連付けられていつデバイスの右端にある矢印部分をタップ(中図)。一番上に自分のiPhone名が表示されていますので、この先頭にチェックを入れます(右図)。

Googleマップアプリのホーム画面左端にある3本バーアイコンの設定からも同様な表示をさせることができますが、こちらは見るだけでチェックをいれることは出来ませんので注意してください。

 

ロケーション履歴の記録条件

上記に記したとおり自分のiPhoneにチェックをいれることができたら、記録条件を設定しましょう。

記録条件

Google mapsアプリに位置情報を“常に”に設定する

Iphoneのホーム画面から設定アイコンをタップし、設定画面が表示されたら下に少しスクロールし“プライバシー”メニューを選びます(左図)。先頭の“位置情報サービス”をタップ(中図)。Google mapsの右側の表示が“常に”となっていることを確認します(右図)。

もし、この表示が他のものになっている場合は、その部分をタップし、以下の画面から”常に”と選ぶことで変更することができます。

画像を拡大表示する

位置情報を”常に”に変更する

位置情報を”常に”に変更する


まとめ

googleアカウントにログインしていることはもちろんですが、ロケーション履歴の自分のデバイスにチェックが入っていなかったことが原因でした。しかもこのチェックをいれることが出来るのは、googleマップアプリの自分のアイコンから入ることができるデータとカスタマイズ管理のロケーション履歴だった。

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました