アップル、突然真っ暗になり表示しないiPad Air(第3世代)の無償修理を実施

ある日、突然iPadの液晶が真っ暗になり何も表示しなくなる現象が確認されています。アップルは、このiPadの無償修理の実施をしています。

/wp/wp-content/uploads/2020/03/ipad_air3.png photo
iPad Air3無償修理

対象のiPadは昨年発売の第3世代iPad Air

対象となるのは、2019年3月~10月に発売されたiPad Air(第3世代)。すべてのiPad Air(第3世代)にこの現象が発生するわけではなく、当該アップルの公式サイトによると、

特定の状況下で、一部の iPad Air (第 3 世代) の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明しました。真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあります。

修理手続き

修理は、アップル直営店またはアップル正規サービスプロバイダーで対応し、実際に修理には事前申し込み(予約)が必要との事。予約には、アップルサポートアプリから利用するのが便利そうで、当サイトの以下の記事が参考になると思います。

バッテリー交換予約が出来ない場合は、アップルサポートアプリで予約!
iPhoneのバッテリーを交換したいけど、予約がとれない。そんな時はアップルサポートアプリで予約しましょう。バッテリー交換予約今月末までなので予約が大変混んでます。交換は、アップルストアか正規サービスプロバイダー予約出来ないときはアップルサ

その他特記事項

  • 修理に当たっては、事前に対象機種かどうか他に故障がないかどうか確認する必要があります
  • 修理期間は、当該機種の最初の小売販売日から 2 年間(日本では、2021年3月17日まで)
  • 修理に出す前には、あらかじめiCloudやコンピュータでバックアップが必要

不明な場合はアップルサポート

ご不明な点がある場合や、サポートが必要な場合、以下のアップルサポートへ問い合わせてください。また、以下の窓口でも持ち込み修理の予約ができます。

 

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました