あなたにもわかる賢いメール通知設定の方法

大事なメールを見逃さない方法として、通知を利用する方法があります。しかし「メールの通知設定」はなかなかわかりづらいかも知れません。通知が鳴りっぱなしではやってられませんものね。

wp-content/uploads/img/banner/banner/banner8.jpg photo
メール通知設定


通知設定の基本

iPhoneから流れてくるチーンとかいう通知音。これを有効に使うことが出来れば、大事なメールも見逃さない。iPhoneのメールの通知には3種類あります。1つは、アカウント別の通知、2つめはVIP登録者からの通知、3つめはスレッドの通知です。さてこれらはどのようなに区別して使うのでしょう。最初に使い分け方を書くと

  • アカウント別の通知は基本的にオフ
  • VIP通知は、相手を限定した通知の場合に利用する
  • 返事待ちする場合の通知には、スレッド通知

現在は、仕事にしろプライベートにしろメールは基本的なコミュケーションツールです。一番迷惑なのはメルマガとか広告からくるメール。どこから漏れたのか知らないところからメールがくるのは日常茶飯事。こんな状態で1つのメールアドレスに来るメールでいちいち通知がなっていたんでは、通知がなりっぱなし状態。基本的にメールアカウントによる通知はオフにしましょう。


VIP通知 − iPhoneは連絡先に登録されている特定のアカウントに対してVIP登録ができます。標準メールアプリでもこのVIPからのメールを専用で見られるメールボックスを用意しています。この特定のVIP登録者からのメールの場合のみ通知をするのがVIP通知。以外と登録は面倒かも知れませんが、一番用途的に利用価値があるのがこのVIP通知です。


スレッド通知 − 一方、一番わかりにくいのがこのスレッド通知ですね。メールを開封した時に現在のメールに通知を設定できます。これは使用用途がわかれば理解しやすい。スレッド通知というのは返事待ちしている場合に見逃さないようにする通知。あるメーカーに問い合わせをした。でもいつ返事が来るかわからないけど見逃したくない。最初にもらったメールに対してこのスレッド通知を設定すれば、返事が来たときに教えてくれる。便利です。


さて、それぞれの設定の仕方を簡単に図示しますね。


アカウント別の通知をオフにする


iPhoneのホーム画面より設定アイコンを押して、設定画面を開いてください。


設定画面が開いたら、下左図のように画面1/3あたりにある通知アイコンをタップしてください。次にメールアイコンを探します。メールアイコンはひらがなでメールというのを探さなければならないので通知画面のかなり下の方にあります(中図参照)。メール画面が開けたら、アカウント別の通知設定をおこないます。参考にあげた下記の画面例でいうと、iCloudとweb adminという2つの項目がアカウント別の設定となります。最初にメールの通知は許可しておかなければならないので、右図①にあるメールの通知を許可(オン)にしてください。次に、iCloudアカウントの通知をオフにするため、右図②の部分のiCloudをタップし、選択します。



iCloudアカウントの画面が開いたのが左図です。ここで、最上行にある通知を許可という行の右端のスライドスイッチをオフ(白側)にスライドさせて、画面左上のメールボタンを押して全画面にもどってください(画面上はオンの表示例です)。


同様にして、もう一つのアカウント”web admin”についてもオフにしてください。人によってはさらに複数のアカウントが登録されている場合もあります。すべてのアカウントについて同様にオフにしてください。


すべてオフに設定するのは私のおすすめですが、どうしても必要なものは各自判断して使ってください。


もう一つの設定、VIPとスレッドの通知に対しては、こちら側はオンに設定します。アカウント別には通知しないが、VIPとスレッドの通知はオンにするということです(中図・右図を参照の事)。



VIP通知(登録)の設定


これで基本的にVIP通知も使えるようになりましたが、アプリ側の方でVIP登録が必要です。VIP登録の方法も簡単に説明します。VIP登録はVIPから直接登録する方法とメールを開いて差出人をVIPにする方法があります。


VIPメールボックスから直接連絡先を登録する方法


メールアプリ(標準)をひらいて、VIPメールボックスの右にあるiマークアイコンを選んでください。もしこれが表示されていない場合は、一度VIPメールボックスをひらいてください(左図)。次に既に登録済みのVIPリストとともにVIPを登録メニューがありますのでこれをタップしてください(右図)。


  • 画像を拡大表示する
     
    "VIPメールボックスのiをタップ"を説明する図
    6.VIPメールボックスのiをタップ
  • 画像を拡大表示する
     
    "VIPを追加"を説明する図
    7.VIPを追加


連絡先が開きますので、登録した連絡先をタップして選びます(左図)。ここでは、”アプリiphone投稿”という連絡先を選んでみます。タップすると画面はすぐに切り替わり元の画面に戻ります。元に画面には今登録したばかりの”アプリiphone投稿”があり、VIP登録されたのが確認できます(右図)。


  • 画像を拡大表示する
     
    "登録する連絡先を選ぶ"を説明する図
    8.登録する連絡先を選ぶ
  • 画像を拡大表示する
     
    "VIP登録された!"を説明する図
    9.VIP登録された!


メールボックス”VIP”は設定をしないと画面に表示されません。もしあなたのiPhoneにVIPメールボックスが表示されていない場合は、メールボックス画面の右上にある編集ボタンで表示することができます。


メールを開いて差出人をVIP登録する方法


こちらの方法は、まず対象のメールを開いて、差出人をダブルタップすると”VIPに追加”というメニューが表示されますので、これを選択してください。


返信待ちのメールをスレッド通知に設定する方法


特定のメールの返信待ちをする場合は、スレッド通知が有効です。スレッド通知は返事待ちをするメールを開いて設定をおこないます。


左図のように登録するメールを開いて、最下段にあるその他の操作ボタン(赤枠内)をタップしてください(左図)。ポップアップした画面に”自分に通知”というメニューがありますのでこれをタップ(中図)。メールの画面に戻ると差出人の右側にベルのアイコンが表示され、VIP登録されたのが確認できます(右図)。



まとめ


基本的には、メール相手を限定して通知するのがVIP通知、メールの返信待ちで通知するのがスレッド通知で、これを使い分けられればかなり通知の利用価値があがりますね。


以上

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました