twitter公式アプリ解説書

twitterはブロガーのマストアイテム。以前は使えていたのに、今はちんぷんかんぷんというもう一度勉強し直したい方が対象のtwitter公式アプリの解説書です。

wp-content/uploads/img/banner/banner/banner10.jpg photo
twitter公式アプリの使い方を解説


twitterとは

いまさらながらで釈迦に説法とは思いますが、お決まりのお題目。

2006年7月、いまから14年前にジャックドーシーとエヴァンウィリアムズがはじめたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)。「いまなにしてる?」を140文字以内の短いテキストでつぶやく(twitterの語源)ウェブサービスで、「原宿なう」とか「出社なう」といった”〜なう”というフレーズで一気に広まりました。それまで同様のサービスとしては「Mixi(ミクシー)」注1が大手でしたが、あっという間に駆逐されてしまいました。やはり時代にマッチしたというか140文字以内に限定したサービスは、画面サイズがそれほど大きくなく入力のしにくいスマートフォンの創世記?にはぴったりのサービスだったように思います。

同時期に開始されたSNSとしてFacebook(2014年)もありますが、Facebookは実名登録が必要で個人を重視しますが、その点twitterはメールアドレスさえ持ってればアカウント取得は可能なのがある意味使いやすいところ注2でもあります。

それでは、さっそくiPhoneのtwitterの公式アプリのホーム画面を元にどんな使い方をするのか解説していきましょう!

その前に、以下のtwitter専門用語集を読まれた方が理解がはやいかも知れません。

ホーム画面の説明

以下は執筆時点の最新のバージョン8.29のホーム画面で、当サイトのブログ更新記事配信用@ipmysteriousです。ついでですが、以下のボタンでフォローしていただけると光栄です。

ホーム画面の中央には、フォロワーのツィートを表示するタイムラインがあります。最初にもっとも疑問なのがこのタイムライン表示順で、twitterが独自アルゴリズムで算出したもっとも重要だと思われるツィート順に表示します。この「トップツィート」と呼ばれる表示順は、時系列順に変更することもできます。

操作するために画面最下部にある4つの「操作ボタン」があります。左から順に「ホームボタン」「検索ボタン」「通知ボタン」「メッセージボタン」となります。そして、それぞれのツィート下には、「アクションボタン」が表示されており、いいねをしたり返信、リツィートが出来るようになっています。ではそれぞれのボタンの説明をしていきます。

画像を拡大表示する
howto_twitter-01.jpeg photo

 

ホーム画面を今どちらで表示しているかは、iPhoneの公式アプリでは区別する方法がありません。唯一、最新ツィートボタン(ホーム画面右上のキラキラアイコン)を押し表示されたアイコンの状態(下図参照)で区別するしかありません。Web版のtwitter.comやiPadの公式アプリでは、ホーム画面にタイトルが「最新ツィート」または「ホーム」(トップツィートの場合)と変わるのでこちらで確認することができます。

トップツィートと時系列の区別できる画像

最新ツィート(左)とトップツィート(右)の区別

 

操作ボタンについて

ホームボタン

他の画面を表示している場合、このボタンを押すといつでもホーム画面に戻ることができます。ホーム画面は操作の基本となる画面です。もし途中で操作がわからなくなった場合にはすぐにタップしてホーム画面に戻りましょう。また、上記の表示にあるようにホームボタンの左上に○が付いている場合は、表示すべき最新ツィートがあるのでホームボタンをもう一度タップしてタイムラインの更新をします。

検索ボタン

特定のツィートを検索する場合は、この検索ボタンを押してください。特定のユーザーのツィートを検索、ハッシュタグ検索、画像の検索、言語を指定した検索などオプションを使って多彩な検索をすることができます。これらの詳しいオプションについては、別途詳細記事を執筆予定です。

この検索ボタンを押した直後に表示される画面には、twitter側で指定したジャンルおすすめ、COVID-19(新型コロナウィルス)、トレンド、ニュース、スポーツ、ユーモア、エンターテイメント)別のタブ(下記赤枠内)が画面上部に表示されます。

画像を拡大表示する
howto_twitter-05.jpeg photo

また、検索結果の画面も上記と同様にタブが表示され、検索結果をそれぞれのカテゴライズ(話題、最新、ユーザー,画像、動画)別に確認にすることができる。また、同画面の左上の「フィルターボタン」も注目してください。

検索結果のタブ分けとフィルターボタン

上記のフィルターボタンでは、どこから検索するのか検索にフィルターをかけることができる。かけることができるのは、

ユーザー別

  • すべてのアカウント
  • フォロー中のユーザーのみ

場所

  • すべての場所
  • 近い場所のみ

フィルターボタンによる検索フィルターオプション画面

通知ボタン

通知画面は「すべて」と「@ツィート」の2つのタブがあり、「すべて」ではいいねをされた自分のツィート、最近リツィートされた自分のツィート、新しいフォロワーを確認することができ、「@ツィート」では、自分宛のツィートを確認することができます。

これらの通知はカスタマイズが可能で、同画面の左上にある歯車の形をした設定ボタン(下記赤枠内)でカスタマイズ出来ます。

画像を拡大表示する
howto_twitter-06.jpeg photo

メッセージボタン

相手と非公開で連絡するための手段がダイレクトメッセージです。このダイレクトメッセージを確認するには、このメッセージボタンをおしてください。

このメッセージ画面にもカスタマイズ項目があります。これも前項の通知ボタンと同様、左上の歯車の形をした設定ボタンでカスタマイズできます。カスタマイズの「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」という項目がありますので、これは、フォロワーを増やすためはオン(緑)、以外の場合にはオフに設定した方がしてください。「既読通知を表示」はお好みでどちらか指定してください。

画像を拡大表示する
howto_twitter-08.jpeg photo
操作ボタン以外に各ツィートに関するアクションボタンがありますが、こちらの説明は別途資料を用意いたします。しばらくお待ちください。
わかりにくくしているのはホーム画面の表示内容

しばらくぶりで公式アプリを見た場合、ホーム画面の表示内容が以前と変わってしまったのがもっともわかりにくくしている原因です。この記事の冒頭に少し書きましたが、ホーム画面の表示順はトップツィートというもので、時系列ではありません。twitterのサービス開始当初は、ホーム画面は時系列で表示されていたんですが、2016年2月から大切なツイートを見逃してしまう可能性があるということで、「重要な新着ツイート」機能つまり現在のトップツィートが導入されました。再び時系列表示ができるようになり、ようやく、不評だったホーム画面の表示順が解決しました。

 

そしてもう一つの要因についても記述しておきます。ホーム画面には誰のどんなツィートが表示されているのかです。これはすべてのユーザーのツィートが表示されるわけではありません。基本的には自分がフォローしたユーザーのツィートが表示されています。ただ、時々フォローしていないのに表示されるユーザーがいます。これは、フォローしたユーザーがいいね!をしたツィートとプロモーションという広告用のツィートです。フォローしたユーザーがいいねと思う記事はあなたにも読んで欲しいからですね。そしてこれがツィートを拡散する方法にもなっている訳です。

 

以上


注1:Mixiは現在でも運営中です。

注2:twitter社では常時アカウントを監視しており、すぐアカウントが凍結してしまいます。また、当初相手と直接連絡をとるダイレクトメッセージという機能は、かなり制限が厳しいものでした。

注3:2018年12月18日に実装。

 

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました