そのリツィートやばいかも。リツィートで著作権侵害!?

プロの写真家が著作権侵害として発信者情報の開示を求めていた裁判で、ツィッター社の上告棄却。
/wp/wp-content/uploads/2020/08/networks.png photo
リツィートで著作権侵害?!

今当サイトでは、twitterに出戻りした人向けに、使い方と解説記事を執筆中です。Twitterも日々進化、公式アプリの使い方がわからない。あのトップページのキラキラアイコンは何?

興味のある方は、以下のリンクをご覧ください。

twitter公式アプリ解説書
わかりにくい、非常にわかりにくい! 以前は使えていたのに、今はちんぷんかんぷんというもう一度勉強し直したい方が対象のtwitter公式アプリの解説書です。

そんな中で、気になるニュースを発見。リツィートは自分の気に入ったツィートの再投稿するための仕組みで、記事を拡散するための重要な機能です。

リツィートで著作権侵害!?

ニュースによると、北海道のプロの写真家が自分の写真の無断投稿をリツィートされたことで「著作者人格権」注1を侵害されたとしてツィッター社を相手に発信者情報開示を求めたという裁判で、最高裁判所はツィッター社の上告を棄却したというもの。

この記事にはいくつかのポイントがあります。

  • リツィートの元となったのツィート自身が無断投稿だったこと
  • 氏名表示権などの「著作者人格権」の侵害
  • 損害賠償請求や差止め請求ではなく、その前段階にある「発信者情報開示請求」

これは、リツィートしただけでいきなり罪に問われる事を意味するわけではなく、著作権侵害自体が親告罪で、相手を特定するためのもの。またツィッター上のシステム的な要因も含んでいます。それはリツィートの画面では、写真の上下が自動的にトリミングされて、氏名部分が非表示となってしまう。さらに罪自体を問うのであれば、故意かどうかも認定の対象になるでしょう。

この裁判で、Twitter社も何らかの対策を講じてくると思われますが、リツィート者が元のツィート自体を無断投稿かどうか知るすべはなく、故意どころか自分の気に入ったツィートをフォロワーに単純にお知らせしているだけ。リツィートだけで著作権侵害になるのはまだまだ1歩も2歩も手前の段階。

ツィッターを使う場合に、ちょっと気になるニュースでした。

元のニュース記事は、以下のリンクでご確認ください。

(via Yahooニュース)


注1:「著作者人格権」は著作権のなかの一つです。
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました