iPhoneマップの使い方【入門編】

地図の使い方

iPhoneの標準アプリであるマップ(アップル)の使い方を紹介。

アップル マップバナー画像

誰でも使える!iPhoneマップの使い方の入門編

iPhoneマップ(以下、単にマップとします)の起動はiPhoneの画面からマップのアイコンを探し出してこれをタップします。もし見当たらない場合は、アンインストールしてしまった可能性もあるので下記のリンクにて再インストールしてみてください。

起動出来たでしょうか?

以下は最新iOS14の基本画面です。以前と比べると大夫変わりましたが、マップの入門編としてどう使っていくのかを紹介しましょう。

iphoneマップも他の地図アプリと同様GPS衛生を利用してますので、トンネル内などでも自立測位システムで補完して動きますので、位置がわからなくなるような状況はありません。

画面右上には、地図設定アイコンと現在地設定アイコンが表示されています。検索欄が画面のとおり下方にあり、検索履歴やマークした地点の情報を表示するパネルと一体化した表示となっています。それでは基本画面に表示されているアイコンを説明します。

マップ基本画面(iOS14)

マップ基本画面(iOS14)

アイコンなどの説明

これらの基本画面の各アイコンの説明をします。

アイコン 説明
航空写真地図等への変更する場合や“現在地をマーク”する場合に使用します。渋滞情報など交通情報のオン/オフやラベル表示の切り替える時にも使います。
現在地設定 ヘッディングアップ(進行方向が画面上にくる)やノースアップ(画面上が常に北となる)の切り替えをおこないます。また、現在地を呼び出す場合にも使えます。
ヘッディングアップ表示の場合に、北を示すために表示されます。
LookAround LookAroundができる地点を表示している場合に表示されます。それ以外の場所では表示されません。
現在地 現在地を示すとともに進行方向や北方向を示します。
検索パネル 検索欄と一体化し、検索結果やマークした位置情報を表示します。

表示位置の変更

地図の表示位置を変更するには、地図上で見たい方向にドラッグやフリック操作をおこないます。途中、以下の画面縮小や拡大も同時に使用できます。画面上の現在地設定アイコンは、に切り替わりこれを再びタップすると現在地に戻ることができます

拡大・縮小などの操作について

  iPhoneの場合、表示拡大や縮小はピンチ操作(二本の指を広げたり狭めたりする操作)でおこないます。また、一本指のダブルタップ(2回連続でタップすること)で1段階拡大、二本指で同時にタッチすると1段階縮小ができるので覚えておくと便利です。ダブルタップの2回目の指をそのまま離さず上下すると任意の大きさに拡大・縮小も可能です。

操作 拡大・縮小
ピンチアウトまたはダブルタップ 1段階拡大
ピンチインまたは二本指でタップ 1段階縮小
2回目のダブルタップの指の上下 任意の大きさに拡大・縮小

2D・3D表示切り替え

ルート案内中は、2本指で上下にドラックすると2D・3D表示切り替えができます。

ルート案内・乗り換え案内

マップでは、ターンバイターン注1によるルート案内(ナビゲーション)や乗り換え案内が利用できます。ルート案内は、車や徒歩の場合に利用でき目的地や経由地を指定できるなど複数のルート検索ができます。乗り換え案内は、電車やバス・地下鉄などの公共交通機関を使う場合に、路線を調べたり料金の検索ができます。iOS14の最新バージョンでは、タクシー利用する場合の配車サービスや自転車のルート検索もできます。自転車のルート検索は、通れない道の回避や勾配の表示が可能(現在、日本国内は未対応)。
 
これらのルート案内や乗り換え案内では「交通情報を」表示することができ、車の場合はルート上の渋滞情報を表示、交通情報の場合は遅延情報を利用することができます。
 

検索の活用

目的地を設定する場合、住所や地名、施設名で検索ができます。もしお店等の場合、電話番号でも検索できますので、名前をうっかり忘れちゃった場合でも検索できます。もっとも使用機会が多いのは、Safari検索結果。直接マップを開きルート検索することもできます。変わったところでは、経緯度での検索も可能です。
 
iOS9で導入されたのが「この周辺」注2検索。現在は名称がかわり「近くで見つける」となってます。名前のとおり、近くのお店などの候補を列挙してくれる機能。たとえば近くのレストランやコンビニストア、ドライブ中であればガソリンスタンドや駐車場など。知らない場所に行った時に超便利な機能です。あらかじめ決められたカテゴリーの中から最寄りのお店を検索し、お店の情報(電話番号、住所、食べログなど)やお店までの距離を目安にルート検索ができます。
 
表示されるカテゴリーは最寄りの施設状況により変わり、駐車場や回転寿司、居酒屋などが表示される場合もあります。
No ジャンル
コンビニ
レストラン
ラーメン
食品宅配サービス
薬局

病院&クリニック

居酒屋
温泉
10 パチンコ
11 カフェ
12 食料品店
13 ホテル
14 バス停

iPhoneマップの誕生

地図アプリといえばGoogleマップがすぐ思い起こされますが、iPhoneも初代が発売されてからしばらくは地図標準アプリとしてGoogleマップを採用してきました。しかし、2012年にリリースiOS6からはアップル純正マップが標準アプリにとってかわることとなりました

当時は、急に地図アプリが変わってしまい、不具合も多くオーストラリアでは実際に事故が発生したというニュースも伝わり非常に困惑したことを覚えています。

アップルマップも年々改善され、iOS11ぐらいからはようやく実用レベルに達し、今ではGoogleマップにひけをとらないレベルになりました。

どちらを使うか?

アップルマップは、iOS以外のiPadOS、MacOS、WatchOSなどでも動きますので、iPad、iPodTouch、Mac、Apple Watchのどのデバイスでも使用可能です。これらの複数のデバイス間で連携して使う(例えばMacで探した旅館をiPhoneでナビするとか…)ならアップルマップがまちがいなくベストチョイスです。Googleマップに比べると全般的に動作が軽い気がします。Googleマップには、いつでも旅行した気分になれるストリートビュー注3があり、よほどの山奥出ない限りほとんどの地域で360°の全方位ビュー画像を提供しています。もちろんアップルマップでも同様の機能で、「LookAround」をサポートを今年の8月からはじめていますが、まだまだ有名な地域、建物、施設の周辺レベルで不満が残ります(詳しくは下記の記事を参照)。もし、こういったことが気にならなければアップルマップを使ってみてはどうかと思います。

apple版ストリートビュー「LookAround」機能が日本でも利用可能に
LookAround日本でも利用可能です。

注1:ターンバイターンは、交差点などの案内ポイントで右折・左折などの矢印の表示や音声による案内のことです。
注2:出典ウィキペディア
注3:Googleマップといえばこれ!世界中のどこでもその場にいるように街路や建物を3次元の立体画像で見せてくれる。
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました