【バッテリー節約術1】自動で低電力モードにするショートカット−iOS14

ショートカットアプリの使い方 裏技操作

iPhoneは20%以下になると低電力モードにするかどうか警告しますが、もっと早くしたい場合にはここに紹介するショートカットを作ればできます。

wp-content/uploads/img/banner/iphone12/3.png photo
バッテリー節約
低電力モード
ショートカット
ショートカットで自動的に低電力モードにします

自動で低電力モードにするショートカット

バッテリーを節約したい場合、今よりもはやく低電力にすることができます。下記の例は50%以下になった場合に自動的に低電力モードに設定するショートカットです。これを参考に作ってみてください。なお、作成環境は最新のiOS14注1で作成しています。

次の手順にならって、「低電力の設定」オートメーションをオンにしてください。

まず、ホーム画面より以下のショートカットアイコンを探し、タップして起動してください。

ショートカットアプリが起動したら画面最下段の中央にあるオートメーションボタンをタップ。
"オートメーションを選ぶ!"を説明する図
オートメーションを選ぶ!
追加するため、画面右上にある+ボタンをタップ(中図)。
"追加ボタン(+)をタップ"を説明する図
追加ボタン(+)をタップ
個人用オートメーションを作成をタップしてください。
"個人用オートメーションを選択"を説明する図
個人用オートメーションを選択
画面を下方向にスクロールしバッテリー残量を選んでください。
"バッテリー残量を選択"を説明する図
バッテリー残量を選択
次に残量の設定値を変更します。自分がいくつにしたいかスライドバーを左右に動かして値を変更します。
"残量値を設定後、次へ"を説明する図
残量値を設定後、次へ
今選んだ設定値になった場合のアクションを追加します。
"アクションを追加を選ぶ"を説明する図
アクションを追加を選ぶ

。。

実行するアクションとしてスクリプティングボタンをタップします。
shortcut_power_save-07.jpeg photo
スクリプティングを選ぶ
次に低電力モードを設定ボタンをタップ。
"低電力モードを設定を選ぶ"を説明する図
低電力モードを設定を選ぶ
画面に右図のような画面になったらオンボタンのところをタップして変更してください。
"オフのところをタップ"を説明する図
“オフ”をタップ
オンがオフに変わったことを確認。
”オン”に変わった!のを確認する画面
”オン”に変わった!
次へボタンをタップ。
”次へ”ボタンをタップ
”次へ”ボタンをタップ
実行前に尋ねる野ところは、オフにしてください。
shortcut_power_save-12.jpeg photo
実行前に訪ねるをオフに
オフに設定すると確認のダイアログが出ますので尋ねないボタンをタップ。
"尋ねないを選択"を説明する図
尋ねないを選択
最後として画面右上の完了ボタンをタップして終了です。
"完了ボタンを選択"を説明する図
完了ボタンを選択
図では今追加したバッテリー残量オートメーションが一番下に追加されていることが確認できます。
"追加されたオートメーション!"を説明する図
追加されたオートメーション!
バッテリーの節約

iphoneのバッテリーを節約するには、早めの低電力モードを使うのが秘訣! 低電力モードにした場合の影響については以下の記事を参考にしてください。


注1:バージョンにより例示した図のイメージが異なる場合があります。
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました